FC2ブログ

(番外) 太田黒公園の流れ

JR中央線の荻窪駅近くに「太田黒公園」という施設がある。
ここは、明治・大正・昭和の音楽評論家である太田黒元雄
という人物の邸宅跡であり、今は公園になっている。

ootagurokouen1.jpg
正門から続いている石畳の道。寺院の参道のような様相だ。

ootagurokouen2.jpg
公園内には、小川が流れている。水は循環しているようだ。
その昔は湧水由来だったそうである。

ootagurokouen3.jpg
池があって、錦鯉が泳いでいる。
近くには、神田川の支流の1つである善福寺川が流れており、
この池からあふれた水が、善福寺川に落とされていた時代も
あると思う。この近くには、他にも湧水由来の池がある。

ootagurokouen4.jpg
公園内には太田黒元雄の記念館があって、
その音楽評論家が愛用していたピアノ等が展示されている。

三沢川の支流(国際ソロプチミストの森からの支流)

この支流も探索に苦労した。源流も正しいのかわからない。
あくまでも推定の源流地だと思って読んでほしい。

soropuchi1.jpg
稲城第三中学校の北西端の辺りに合流口がある。
大きな口であり、けっこうな水量は三沢川に落とされている。
ここから遡ろうとするものの、開渠も暗渠も見当たらない。

soropuchi2.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市東長沼2125-10の辺り。
周囲を歩きまわっていると、この周辺の側溝には湧水が
直接大量に出ている所がある。また、流路だと思われる所を
ようやくみつけることができた。複数の湧水が雨水幹線へと
落とされて、合流口まで流れて来ているのだと思われる。
京王相模原線のガードをくぐった先に上流がある。

soropuchi3.jpg
電車のガードを越えた先は、コンクリート整備された崖地で、
そこからは多数の湧水が出てきている。これが源流だろう。

soropuchi4.jpg
その源流地の崖上には、「国際ソロプチミストの森」がある。
この団体は、「女性の世界的奉仕団体」らしいのだが、
何故にその団体の森がここにあるのかわからない。

三沢川の支流(稲城第三中学校付近の支流)

この辺りは湧水が多いのだが、この支流の探索には
当初は苦労をした。なかなか流路がみつからなかったのだ。

inagi3chu1.jpg
東京都稲城市東長沼1738-1の辺り。
ここに合流口がある。低い口から三沢川にへと合流しており、
堆積した土に水が掘り込みを作っている。ここから遡る。

inagi2chu2.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市東長沼3021の辺り。
合流口から100m辺りに流路がまったくみつからない。
開渠もないし、暗渠らしきものも対象の側溝も見当たらない。
だが、歩きまわっていたところ、この住所に開渠をみつけた。
この写真にある鉄格子から吸いこまれた水の行き先がなく、
おそらく合流口に流れていくのだと思われる。
また、この開渠のすぐ近くには、前回の記事にある
「行き止まり」の開渠部分がある。もしかすると、前回記事の
開渠とこの開渠は繋がっていた時代もあるのかも。
洪水対策などで流路を分けた可能性もある。

inagi3chu3.jpg
写真:下流→上流
小規模な流れ込みもあるが、この小支流の源流は不明。
住宅街に流路があるため、探索をすることができないのだ。
支流の本流はここで直角に曲がる。

inagi3chu5.jpg
写真:下流→上流
稲城第三中学校の南側に沿って流路がある。

inagi3chu6.jpg
写真:下流→上流
稲城第三中学校の南西端。
開渠は、畑に沿うように直角に曲がっている。

inagi3chu7.jpg
写真:下流→上流
畑に沿って、北方向に上流がある。写真右は稲城第三中学。

inagi3chu8.jpg
写真:下流→上流
急に細い側溝状の開渠となっている。

inagi3chu9.jpg
東京都稲城市矢野口3090の辺り。
畑から側溝に流れてくる鉄分を多く含んだ水がある。
これが源流のようである。明確な源流の場はわからないが、
畑は段差のある地形にあり、湧水が出ているのだろう。

三沢川の支流(響ゴルフセンターからの支流)

前回の記事にある池のように、
東京都稲城市矢野口の三沢川南側には、湧水が多くある。

hibiki-g1.jpg
東京都稲城市矢野口2770の辺り。
丸い土管から合流している水がある。これを探索してみる。

hiniki-g2.jpg
開渠も暗渠もないのだが、側溝を辿っていくと、
ゴルフの打ちっぱなし練習場にたどり着いた。
そのゴルフセンターには、小池があって湧水も多く見られる。

hibiki-g4.jpg
この「響ゴルフセンター」の一角には、井戸もある。

hibiki-g3.jpg
今は営業していないようだが、「釣り堀」もゴルフセンター内に
設置されていたようだ。これらの池の水は井戸由来であり、
そこからあふれた水が側溝を通って三沢川に落とされている。

三沢川の支流(アメリア稲城ショッピングセンター付近の支流)

東京都稲城市矢野口にある
「アメリアショッピングセンター」付近を流れる支流を探索した。

inaame1.jpg
この辺りから上流の三沢川は、田園風景になってきている。
写真左にあるのが、アメリアショッピングセンター。

inaame2.jpg
鉄格子が張られている合流口がある。ここから遡ってみる。

inaame3.jpg
写真:下流→上流
合流口のすぐ上はコンクリート蓋付きの暗渠が数枚分だけ。
そのすぐ上流からは開渠となっている。

inaame4.jpg
写真:下流→上流
開渠だが、通常時は中央の掘り込みにだけ水が流れている。
この開渠は、ヤフーなどの地図にも載っている。

inaame5.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市矢野口2657-1の辺り。
今はコンクリート舗装されているが、この曲がり具合からみて
天然の河川だった時代もあると思われる。

inaame6.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市矢野口2600-17の辺り。
住宅街の中に流路がある。この辺りは西方面に上流がある。

inaame7.jpg
写真:上流→下流
東京都稲城市矢野口2732の辺り。
地図に載っている開渠はここまでになる。

inaame9.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市矢野口2797-4の辺り。
地図に載っていないが、住宅街の中に開渠は続いている。
1枚前の写真の場所からは、何故か少しずれたところに
流路が続いている(1枚前の所から斜めに行った場所)。

inaame10.jpg
写真:下流→上流
流路が、やや曲がりくねっているところもある。

inaame11.jpg
写真:上流→下流
東京都稲城市矢野口2946の辺り。
開渠の最上流部付近になる。
何故か、開渠最上流部では流路が太くて水が溜まっている。

inaame12.jpg
ところが、1枚前の写真の所から振り向いた先には開渠が!
水は流れていない。しかも「行き止まり」になっている。
水音は聞こえるが、上流はどこにあるのだろうか?

inaame13.jpg
ちょっと逆光で見づらいのだが、1枚前の写真の一番下辺り、
側溝から大量の水が流れ込んでいる。これが上流のようだ。

inaame14.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市矢野口3026-5の辺り。
この側溝が上流になっている。けっこうな水量が流れている。

inaame15.jpg
東京都稲城市矢野口3026-7の辺り。
パイプから側溝に大量の水が落とされている。

inaame16.jpg
そのパイプの先には、ため池がある。ここが源流のようだ。
どうやら、自治体の「生産緑地」に使われる農業用水の池で
自然に湧き出ているようだ(ポンプの井戸もあったが未稼働)。
おそらく、農業用ため池として大昔に掘られたものだろう。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード