谷戸川の源流探索 2

前回の記事の続きである。支流の源流を探索してみた。

yatogawa-shiryuu.jpg
写真:下流→上流
世田谷区千歳台1-13-12の辺り。
今回は、写真の奥に続いている暗渠をここから遡ってみる。

yatogawa-shiryuu1.jpg
写真:下流→上流
こちらの支流もコンクリート蓋付きの暗渠となっている。
隙間から覗くと水の流れを見ることができる。

yatogawa-shiryuu2.jpg
写真:下流→上流
世田谷区千歳台1-20-13の辺り。
ここから先に暗渠らしきものは見当たらなくなる。

yatogawa-shiryuu3.jpg
写真:下流→上流
だが、道路上にある無記載のマンホールを丹念に覗いていき、
豊富な水の流れをみつけた。これが支流の流れだと思われる。

yatogawa-golf.jpg
千歳ゴルフセンターの北角の辺り。
この辺りにあるマンホールには2方向からの水の流れがある。
推定ではあるが、その1つはこのゴルフ練習場からのようだ。

yatogawa-shiryuu4.jpg
写真:下流→上流
世田谷区千歳台2-1の辺り。
もう1つは北西方向の道路下にあるマンホールに流れがある。

yatogawa-shiryuu5.jpg
写真:下流→上流
世田谷区千歳台2-7の辺り。
このT字路から上流は北方向にあるようだ。

yatogawa-shiryuu6.jpg
写真:下流→上流
世田谷区千歳台2-8-32の辺り。
マンホールが集中してある道路。
多くの無記載マンホール内に水の流れを見ることができる。
この写真奥の白い建物の辺りで流れが遡れなくなった。
この辺りは丘上になる場所でもあり、ここが源流だと推測される。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

はじめまして。

はじめまして。同じような趣味をもつ、lotus62と申します。
今日たまたまこのへんを歩いてきて(もっとも千歳台の反対側、つりがね公園のほうでしたが)、近辺のことをいろいろ調べていたらこちらのサイトに辿りつきました。
この支流の水源は、特定が難しいですよね、私も都営住宅のあたりであきらめてしまったことがあります。しかしこちらの記事を拝読しさせていただいて、もういちど行ってみたくなりました!
それと、川崎方面の暗渠もお詳しくてらっしゃるのですね。川崎は暗渠の形状がとても個性的なので以前から興味しんしんなのですが、いまいち体系的に把握できておりません。ちょっと時間をかけて読んで勉強させていただきます!
どうぞこれを機会に、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。こちらこそはじめまして。実はlotus62さんのサイトはよく見ております^^; 諸先輩のサイトをみて参考にして、自分で歩いたところから自分なりの視点でのサイトを開設した次第です。東京23区の南部に住んでいるので、川崎市の川もよく歩いております。今日も横浜の川を歩いておりました。で、正直にいうと、私の初期の記事はちょっと甘い点があります^^; 諸先輩方から見ると「甘さ」がわかる点もあるとは思いますが、それでもご参考になりましたら光栄です^^

それはそれは…

拙ブログもご覧いただけていたとは、恐れ入ります;;;;。
「甘さ」なんてとんでもない、そんなこと言ったら私のブログなんて(恥)…。
しかしこちらのブログは、とても「暗渠を楽しんでいる」感じがします。きっと同じ志を持つお方なのではと思ってコメントさせていただきました-!
もしよかったら拙ブログにこちらリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか?

ありがとうございます。

リンクの件、ありがとうございます。では、相互でこちらも張るようにいたします^^ もしかして、lotus62さんのハンドルネームはレーシングカーの名車名からとったのですか? ちなみに私のハンドルネーム(YKK)は本名をもじって、ファスナーのメーカー名にかけたものです^^

No title

(あれれ…ずいぶん前にお返事カキコミをしたつもりになっていましたが、投稿できずにいたようです私…ごめんなさい!以下再投稿にチャレンジしてみます)
HNは、たまたま蓮の花が好きだったのでlotus、これだけだと「他にもいるから登録できない」とはねられたので、ちょっとゆかりのある数字を取ってつけて62としました。その後しばらくして自分のHNでググってみたらロータス社のクルマが出てきたので、そこで初めて気がついたというわけです…。ですが「サーキットの狼」でのロータス・ヨーロッパは好きだったので、全然悪い気はしませんw

なるほど

なるほどハンドルネームというのはなかなか由来が深いものです。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード