世田谷区奥沢の小川(呑川の支流)

目黒区、世田谷区、大田区を流れる二級河川「呑川」。
世田谷区桜新町周辺にある源流の湧水は健在だが、
それは上流部の整備された小川部分を潤すだけであり、
整備された流れをポンプ循環しているだけのようである。

中流部の暗渠はすべて下水道に転用されている。
つまり、上流部と下流部は同じ呑川であっても
事実上の分断された2つの河川であるといえる。

下流部を流れている水の多くは、
呑川・目黒川・渋谷川「城南三河川清流復活事業」により、
落合水再生センターで下水処理された再生水が流されたもの。
開渠部分がはじまる直前(東京工業大学の辺り)から
流されていて、それ以来、呑川も随分と綺麗になっている。

そうはいっても、今でも呑川には多くの湧水が注ぎ込み、
洗足池からの洗足流れや、小さな支流がたくさんある。
その1つである「奥沢を流れる小川」を遡ってみる。

nomigawa.jpg
目黒区と大田区の区境辺りの呑川。
川壁からは多くの湧水が線をつくっているのがみえる。

okusawa-gouryuuguchi.jpg
奥沢を流れる小川の呑川への合流口。
目黒区緑が丘3丁目と大田区石川町2丁目の区境にある。
水量は多くはないが健在である。ここから遡る。

okusawa-annkyo1.jpg
写真:下流→上流
合流口からまもなくすると歩道の暗渠がある。
ここは目黒区、大田区、世田谷区の3区境になる。
ここから上流部は世田谷区内になる。

okusawa-annkyo2.jpg
写真:下流→上流
世田谷区立奥沢中学校沿いの道。
歩道になっている暗渠が続いている。

okusawa-annkyo3.jpg
写真:下流→上流
さらに歩道になっている暗渠が続いている。

okusawa-annkyo4.jpg
写真:下流→上流
コンクリート蓋の暗渠がある。
この辺りは流れが直角に曲がる箇所がある。
谷合を縫うように流れている。

okusawa-kaikyo1.jpg
写真:下流→上流
開渠の小川が200mほどある。
水量は多くないが、小川を形成するには十分である。

okusawa-kaikyo2.jpg
写真:上流→下流
開渠が続いている。
周辺民家の雨どいから直接雨水も落とされているようだ。

okusawa-annkyohukannzenn.jpg
写真:下流→上流
ここから上流部は暗渠になっている。
個人が閉じたのか(?)、不完全な蓋がされている。

okusawa-annkyohutatabi1.jpg
写真:下流→上流
上流部も歩道になっている暗渠。

okusawa-annkyohutatabi2.jpg
写真:下流→上流
暗渠が続いている。突き当たりの道は「自由通り」である。

okusawa-annkyoshinnyoukinnko.jpg
写真:下流→上流
自由通りで終わりかと思いきや、
突き当たりにある信用金庫の中に暗渠がある。

信用金庫の敷地内でカクカクと曲がっている。
さらに裏側の自転車置き場にも暗渠がみられる。

okusawa-annkyobestu.jpg
その周辺には、細い暗渠が民家内や通路に多くみられる。
湧水がありそうだが、個人宅敷地内のため確認はできなかった。
また、本流といえる流れはマンションの下にあるようにみえる。
この辺りの複数の湧水が源流といえるようだが、付近を探索する。

okusawa-kaikyooku1.jpg
写真:下流→上流
世田谷区奥沢4丁目29番地に、
開渠(?)のような水路をみつけた。
民家の間が不自然に開いており、水路内には水がある。
しかし、水が流れでるほどの水量はないようだ。

okusawa-kaikyooku2.jpg
写真:下流→上流
通りの挟んでその水路は続いている。
しかしながら、この辺りは湿っている程度である。
また、この写真の一番奥の所には、土管の出口があって、
かつては湧水があったのだろうが、今は枯れているようだ。

この辺りは丘から下る所であり、
奥沢4丁目16、24、25、29番地辺りの複数の湧水が
集まることで小川の流れを形成しているのだと思われる。

このような細い小川が一部とはいえども
開渠として残っているのは喜ばしいことである。
ユスリカ(吸血はしない)が発生するなどの問題はあると思うが
[この蚊は、幼虫が水を浄化する益虫といえる。
また、あまりにも汚れた水には住まず、ある程度綺麗である証]。
水面の存在はヒートアイランド現象を緩和する効果がある。
節電が必要とされる世の中ではそれも必要な事といえるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード