早渕川の支流(国学院大学たまプラーザキャンパスの支流)

鶴見川の支流・早渕川。その早渕川の支流で
「国学院大学たまプラーザキャンパス方面から流れてくる支流」を
合流口から源流まで探索をしてみた。それを記事にまとめてみる。

hayabchigawa-motoishikawa.jpg
新石川交差点付近の早渕川。写真奥にあるのは東名高速道路。

kokugakuin-gouryuu.jpg
これが、この支流の早渕川への合流口。ここから遡ってみる。
開渠はこの20m程だけである。豊富な水が合流している。

kokugakuinn1.jpg
写真:下流→上流
合流口のすぐ上から暗渠となっていて、緑道が整備されている。

kokugakuinn2.jpg
写真:上流→下流
元は自然の河川だったようである。緩やかに大きくカーブしている。

kokugakuinn3.jpg
写真:下流→上流
東名高速道路の下をくぐっている。

kokugakuinn4.jpg
写真:下流→上流
近隣の人の散歩道になっているようだ。

kokugakuinn5.jpg
写真:下流→上流
このような崖地の下を流れている所もある。
湧水も少しだけあって、暗渠に落とされていると思われる。

kokugakuinn6.jpg
写真:下流→上流
左右の崖上は住宅街となっていて、谷間を流れている。

kokugakuinn-chouseiike1.jpg
暗渠に隣接しているマンションの地下には雨水貯水池があって、
近隣に降った雨を溜めている。それがこの暗渠に流されている。

kokugakuinn7.jpg
写真:下流→上流
この崖上の緑地は国学院大学たまプラーザキャンパスの敷地。
湧水があるようで、水音が緑道にまで響いている。

mannyounokomichi.jpg
一般開放されていたので緑地に入ってみた。
国学普及を目的の1つとして創立された国学院大学だけに
この緑地は「万葉の小道」と名付けられているようだ。

kokugakuinn-mori-wakimizu2.jpg
緑地内では様々な場所から豊富な湧水が出ている。

kokugakuinn-mori-wakimizu1.jpg
このパイプから出ている湧水が水音を響かせているようである。
ここの湧水も暗渠に落とされているのだと思われる。

kokugakuinn8.jpg
写真:下流→上流
さらに上流は、国学院大学たまプラーザキャンパスの校舎と
グラウンドの間を流れている。写真の奥は坂になっていて、
その200m程先には田園都市線のたまプラーザ駅がある。

kokugakuinn-yuusuichi.jpg
国学院大学たまプラーザキャンパスの地下にも雨水を溜める
遊水池があるようだ。土地形状からして湧水地帯でもあるが、
近隣に降った雨水を主に溜めているようだ。
この地下遊水池が、事実上、支流の源流になっているようだ。

このキャンパスが出来たのは1985年らしい。
また、かなり昔には開渠の河川だったようである。
今現在でも湧水が数箇所あって河川に落とされているようだが、
事実上は、重要な「雨水幹線」として使われているようである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

早淵川

興味深く拝見しました。今、この合流地点に親水設備を構築中ですよ。ちなみに、国学院大学のグラウンドは、戦前まで陸軍の射撃場で、この小川には薬莢が大量にあったそうです。

No title

船橋様>>

コメントありがとうございます。
親水設備整備中ですか。今度見に行ってみます^^
また、興味深い話をありがとうございます。

上流?支流?

田園都市線に乗っていると鷺沼~たまプラーザの間に谷地がありました。
この川の元支流or支流or上流or元上流なのかもしれませんね。
案外有馬川の支流かも!

No title

かつての有馬川は鷺沼駅の先の方まで上流があった
という未確認情報を聞いたことがあります。
鷺沼駅近くには複数の源流があったのかもしれません。
発見したのはその名残かもしれませんね。

No title

たまプラーザの谷について新情報!
デントシに乗ってたら謎の未使用用地を発見しました!!

No title

この支流の上流だった川かもしれませんね。
あと、未確認情報ですが、この辺りには
この支流以外にも何本か小川があったとか。
それの1つかもしれませんね^^

No title

国学院のグラウンドの横の遊歩道は私が子供の頃にはまだ開渠でしたね。
最近ちょっと気になって母親にあの川がどこから流れてくるのか聞いたところ、たまプラーザ中央商店街の辺りを流れてたそうで、その先がどこから来てるのかは行った事がないから判らないとのことでしたw

No title

snc様 >>

コメント&情報をありがとうございます。
天然の川だったころには、駅の方まで上流があったのですね。
開発される以前は、あのあたりに多くの小川があったのだと思われます。
今も開渠にしてくれた方が、暑い季節に涼をあたえてくれて良いと
思うのですが、ユスリカを痛がる人が多いので暗渠化されてしまった川が
多いのですよね。残念なことです。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード