三沢川の支流(大丸用水からの支流 1)

三沢川には、大丸用水という用水路からの流れ込みがある。
季節変動により、複数の流路が変わったり、水を止めたりと
どの掘を通水するのか違うようだ。全部辿るのは困難なので
2つの流路を遡ったのを記事にまとめてみたいと思う。
つまり、この記事は「私が辿ったときの流路」である。
記事1つめは「南武線沿いに合流口」がある大丸用水である。

misao1-1.jpg
南武線と三沢川がクロスする辺り。大量の水が合流している。
ここから、大丸用水が多摩川から取水されている所まで遡る。

misao1-2.jpg
写真:下流→上流
合流口のすぐ上は、JR南武線沿い開渠がある。

misao1-3.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区菅稲田堤2丁目の辺り。
ヤフーなどの地図にも掲載の開渠が、住宅街を流れている。

misao1-4.jpg
この大丸用水の辺りには、このような「さく井」という施設が
複数つくられている。これは地下水をくみ上げる井戸で、
川崎市の上水道につかわれているようだ。
この井戸水の水源の1つは、大丸用水の伏流水であろう。

misao1-5.jpg
写真:下流→上流
この遡っている大丸用水は「北堀(中野島用水堀)」という名。
堀には大小様々あるようで、水が流れていない堀もある。

misao1-7.jpg
写真:下流→上流
稲田公園内では暗渠になっている。この未舗装の散歩道の
下に暗渠があるようだ。マンホールが点在している。

misao1-8.jpg
写真:下流→上流
稲田公園内はこの北堀(中野島堀)と、そこから分流された
堀が並列している所もある。この分流には堀名がないようだ。
写真左が北堀(中野島堀)である。

misao1-9.jpg
その分流の方は、稲田公園の中で人工のせせらぎを流れる。

misao1-10.jpg
その分流の近くには、「川崎市さかなの家」という施設がある。

misao1-11.jpg
分流の水を引き込んだ池がある。

misao1-12.jpg
水槽もある。どうやらこの近辺の多摩川で獲られた外来魚や
自然にいない生物を水槽や池で飼っているようだ。
見学もできるようになっている。
ちなみに日本の河川などにいるほとんどコイも外来魚らしく、
「色付きのコイ」も自然にいない魚類なのでここに入っている。

misao1-13.jpg
写真:下流→上流
稲田公園を抜けると、京王線とクロスする。

misao1-14.jpg
写真:下流→上流
曲がりくねりから見ると、天然河川だった部分もあると思う。

misao1-16.jpg
川沿いに遊歩道がつくられており、ちょっとおしゃれな木製の
橋がかかっている所もある。遊歩道にゴミが多いのが問題。

misao1-17.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区菅野戸呂の辺りからは流路がやや細くなる。

misao1-19.jpg
写真:下流→上流
今までも何度か書いたことがあるが、河川は自治体のもの。
個人が所有物を置くのは法律・条令に違反した行為である。

misao1-20.jpg
写真:下流→上流
東京都多摩区矢野口416の辺り。ここから上流は東京都。
土砂や落ち葉が大量にたまっていて、水深が浅くなっている。

misao1-21.jpg
この辺りでは、生活廃水と思われる汚水が流れ込んでいる。
一部、下水が未整備なのかもしれない。

misao1-22.jpg
写真:下流→上流
JR南武線をくぐるところは暗渠となっている。

misao1-23.jpg
写真:上流→下流
南武線をくぐってすぐから再びの開渠である。

misao1-24.jpg
写真:下流→上流
1枚前の写真から振り向いたところ。
太めのコンクリート蓋つきの暗渠となっている。

misao1-25.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区矢野口328の辺り。
暗渠がカーブした先に上流があると思いきや、
とんかつ「かつや」駐車場が上流の暗渠になっているようだ。
ちなみに、すぐ近くに「大丸用水 菅堀」が流れているが、
その堀とはつながっていない。
駐車場の上流は県道下の暗渠になっているようで
明確にわからないのだが、JR南武線の矢野口駅の向こうに
上流と思われるところがみつかった。

misao1-27.jpg
写真:下流→上流
矢野口駅東交差点の辺り。
このグリーンベルトが暗渠のようである。

misao1-28.jpg
写真:下流→上流
矢野口駅北口の前に開渠がある。
土によって流路の半分以上が埋もれていることが気になる。

misao1-29.jpg
矢野口駅前にはこのようなゆるキャラがいる。
「稲城なしのすけ」という梨のキャラクターらしい。

misao1-30.jpg
写真:下流→上流
中島ゆうし保育園の辺りで直角に曲がった先に上流がある。

misao1-31.jpg
写真:下流→上流
川幅が広く、水深はそのかわり浅めになっている。

misao1-32.jpg
写真:下流→上流
稲城第四小学校南側。写真奥は何故か水が流れていない。

misao1-33.jpg
このように水底だった土が乾いている。上流はどこだろうか?

misao1-34.jpg
写真:下流→上流
上流は稲城第四小学校の西に流れていた。
ここから流路は、「大丸用水の本田堀」となっている。
しばらくは「本田堀」を遡っていくことになる。

misao1-35.jpg
写真:下流→上流
なぜか一部は、稲城第四小学校の敷地内での暗渠になる。

misao1-37.jpg
写真:下流→上流
その上流は、農業地と住宅地の間を流れる用水路の様相。

misao1-38.jpg
写真:上流→下流
東京都稲城市押立945の辺り
農業地を回り込んだ所。ここから上流はしばらく暗渠である。

misao1-39.jpg
写真:下流→上流
1枚前の写真の場所から振り向いたところ。
この歩道したが暗渠のようである。

misao1-40.jpg
なぜか歩道には「パンダ」の絵がある。

misao1-41.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市押立990の辺り。
このバス通りの交差点下に暗渠がある。

misao1-42.jpg
写真:下流→上流
交差点の上流は開渠となっている。昔ながらの様相である。

misao1-44.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市押立813の辺り。
歩道となっているコンクリート蓋付きの暗渠が流のようだ。

misao1-45.jpg
写真:下流→上流
写真奥にあるのは稲城大橋の一部。橋の下を流路はくぐる。

misao1-46.jpg
写真:下流→上流
稲城大橋の先は、現役用水路の様相である。

misao1-47.jpg
写真:下流→上流
一部は、コンクリート蓋付きの暗渠となっている。

misao1-48.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市押立426の辺り。
この辺からは「大丸用水の押立用水堀」が流路となってる。

misao1-50.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市東長沼28-1の辺り。
こんなに太めの水路なのだが、何故か地図に載っていない。

misao1-51.jpg
写真:下流→上流
150mほど平行に流れる分水がある。これは新田堀一派。

misao1-52.jpg
写真:下流→上流
先ほどクロスしたバス通りと、再び斜めに暗渠でクロスする。

misao1-53.jpg
写真:下流→上流
バス通りの先。写真にある「アダプト制度」とは、市民と行政が
協力し、「責任」をもって美化運動をおこなうことのようである。

misao1-55.jpg
写真:下流→上流
稲城市大丸に入ると、ブロック整備された護岸となっている。

misao1-56.jpg
途中に上を跨ぐようにクロスしている水路がある。水は無い。
これは、「末新田堀」らしい。季節によっては水があるのかも。

misao1-58.jpg
流路の近くには、大丸親水公園ヤナギ広場というのがある。
写真右斜め上にあるのが、井戸水が出てくるところで、
池にしている季節もあるようだ。ちなみにこの公園は、
押立用水堀と菅堀の間にあって、伏流水の地下水が多く、
この手の井戸水の池のある公園が3つほどあるようだ。

misao1-59.jpg
写真:下流→上流
東京都稲城市大丸356-2の辺り。
ここが菅堀から分水地点。菅堀を遡っていく。

misao1-60.jpg
写真:上流→下流
JR南武線の南多摩駅の近く。
ここに菅堀と大堀(清水川)の分水地点がある。
写真左が菅堀に流れていく水で、写真の右が大堀(清水川)。

misao1-61.jpg
この分水地点のすぐ近くに、こんなものが立っている。
「ヤッターマン」の「ヤッターワン」である。♪ウ~ワワンワン!

misao1-62.jpg
ヤッターワンやガンダムなどをデザインした方が稲城市出身
という事からヤッターワンがいるとのこと。♪ウ~ジジンジン!

misao1-63.jpg
写真:下流→上流
南多摩駅辺りから「うち掘(内掘)」というようで、それを遡る。
サントリープロダクツ多摩川工場の裏辺りで、南武線とクロス。

misao1-64.jpg
多摩川の土手に出ると、「三沢川分水路」というのがある。
これは三沢川の洪水対策のために分水した流れを多摩川へ
直接流すための流路のようだ。うち掘は三沢川の分水路と
この写真の場所でクロスしているようだ。

misao1-65.jpg
これが三沢川分水路が多摩川に合流する口。

misao1-66.jpg
南多摩水再生センターも隣接しており、その排水路もうち掘と
クロスしている。浄化した水が大量に多摩川に流されている。

misao1-67.jpg
多摩川にある「一の山下」の堰。

misao1-68.jpg
その堰から取水がされた水が大丸用水全体の源流である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード