早渕川の支流(都筑中央公園西側=ささぶねの道の支流 1)

「鶴見川の支流」で神奈川県横浜市青葉区に源流がある「早渕川」。
諸先輩方の調べによると、青葉区美しが丘の畑や公園が源流らしい。

横浜市都筑区にある都筑中央公園の西側を流れて早渕川に合流する
支流を探索してみた。これが意外と壮大(?)で記事を2回に分けた。

hayabuchigawa-tsuzuki.jpg
写真:早渕川を下流→上流
都筑区付近の早渕川。横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインが
開通し、だいぶ開けた感はあるが、自然保護も考えた開発がされている。

tsuduki-nishi-gouryuu.jpg
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央の辺り。
今回探索する支流の早渕川への合流口。豊富な水が落とされている。
だが、写真ではわからないが、口の中をよく見ると、
雨水用の下水道がメインであり、そこに都筑中央公園西側からの支流と
別の支流が流れ込んでいるようだ。
ざっと目視をした割合では、「雨水7:支流3」と言ったところであろうか。

tsuzuki-usui-manhop-ru.jpg
合流口上の暗渠になっている場所には、雨水幹線のマンホールがある。
この辺りは「分流式下水道」なので、雨水は雨水で川に流されている。

tsuduki-nishi-usuiannkyo.jpg
写真:下流→上流
これがその雨水幹線が流れている暗渠。緑道として整備がされている。

tsuduki-nishi1.jpg
写真:下流→上流
これが都筑中央公園西側支流。緑道端に自然な感じで整備されている。
この数mほど下流で雨水幹線に合流して、早渕川に水が落とされている。
ここからこの小川を遡ってみる。

tsuduki-nishi2.jpg
写真:下流→上流
整備された小川だが、なかなかに趣あるつくりとなっている。

tsuduki-nishi3.jpg
写真:下流→上流
この辺りの小川横は公園として整備されてはおらず、自然の山林である。

tsuduki-nishi4.jpg
写真:下流→上流
何故か一部がコンクリート蓋付きの側溝になっている。
写真右の崖が土砂崩れした場合に小川が埋まらないための対策なのか?

tsuduki-nishi5.jpg
この辺りは湧水があり、数本のパイプから「側溝の上」に落とされている。

tsuduki-nishi6.jpg
写真:下流→上流
再び開渠になり池状に流れが広くなっている所がある。コイが泳いでいる。

tsuzuki-nishi7.jpg
写真:下流→上流
都筑中央公園内に入ると、人工的に整備された感が強くなる。

tsuzuki-nishi8.jpg
写真:下流→上流
公園内の親水ができる遊歩道の横を小川はながれている。

tsuzuki-nishi9.jpg
写真:下流→上流
この公園は早渕川の河岸段丘につくられているのか(?)、
標高が上がる所ではこのように小川が滝として整備されている。
この辺りでは、裂きイカをエサに「ザリガニ釣り」をしている子供達が多い。

tsuzuki-nishi10.jpg
写真:下流→上流
これもその滝。この辺りからは完全に人工的な水路である。

tsuzuki-nishi11.jpg
写真:下流→上流
階段状の滝。遊歩道も相当な相当な登り坂であることがわかる。

tsuzuki-nishi12.jpg
写真:下流→上流
遊歩道と小川はクロスしていて、遊歩道の写真右をながれるようになる。

tsuzuki-nishi13.jpg
写真:下流→上流
遊歩道が橋になっていて水も橋を渡っている。橋の下は道路になっている。

kamoike-kouen-kanban.jpg
橋を渡った先は「鴨池公園」。複数の公園が繋がるように整備されている。

bunnki-sekihi.jpg
鴨池公園に入った所で、小川が2つに別れている。源流は2つあるようだ。
今回の記事では左の「ひがしかた」の方を探索してまとめを書いてみる。
次回の記事で右の「しぶさわ」をまとめたものを書いてみようと思う。

kuzugaya1.jpg
写真:下流→上流
遊歩道と小川が続いている。

kuzugaya2.jpg
写真:下流→上流
小川の「道筋」は整備されているが、流れやその周辺は自然のままだ。

kuzugaya3.jpg
写真:下流→上流
大雨の際に小川から水が溢れ出さないように、「壁」がつくられていて、
越流した水は雨水幹線に逃がすような構造となっている。

kuzugaya5.jpg
写真:下流→上流
この自然の趣を大切にした小川の整備は良い感じである。

kuzugaya6.jpg
写真:下流→上流
この辺りからは「葛ヶ谷公園」(くずがやとこうえん)の中をながている。
一気に人工的なつくりとなる。

kuzugaya7.jpg
写真:下流→上流
葛ヶ谷公園内でも流れはあるが、しばらくすると暗渠になってしまう。

kuzugaya8.jpg
写真:下流→上流
その先は、ちょっと前まで開渠だったような土管の暗渠になっている。

kuzugayakouen.jpg
葛ヶ谷公園の広場。源流はわからなかったが、後日調べたところ、
この広場はすり鉢状になっており、井戸水が豊富らしい。
その井戸水をポンプでくみ上げて、小川に流しているようだ。
この広場の反対側にも小川と池が整備されており、その水も同様だ。

湧水や井戸水を利用して、親水公園を作り、その水を河川に流すという
自然を活かした開発がされている理想的な街並みが形成されている。
おそらく、整備される以前からあった小川を整えたのであろう。
東京オリンピック前後に急速開発して小川をつぶしてしまい、
合流式下水道を採用してしまった東京が滑稽にみえる印象をうけた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード