二ヶ領本川の支流(紺屋前掘)

川崎市多摩区長尾4-3辺りにある二ヶ領本川への合流口。

konya1.jpg
「ヴィンテージヴィラ向ケ丘遊園」という集合住宅のすぐ横で
ここから遡ることができる暗渠も開渠も見当たらない。
だが、まあまあの水量があって、川崎市に聞いたところでは
「この辺りに流れている用水路からの分流」とのこと。
その分流もみつからないのだが。。。

konya2.jpg
川崎市多摩区宿河原2-6-28の辺り。
合流口からは500mほど離れているが、
水量といい、ここに吸い込まれた水の行方が不明な事から
これが1枚前の写真の水の元だと推測した。
地下の雨水幹線を流れて、1枚前の写真の所から出てくる
水になるのだと思われる。ここは二ヶ領用水の前川堀と
紺屋前掘が合わさる場所になる。

konya3.jpg
1枚前の写真のすぐ近くには、釣堀になっている池がある。
1枚前の写真にある穴に吸い込まれた水の一部を
ポンプでくみ上げて池に溜めていると思われる。
その推測理由は下記を参照。

konya4.jpg
写真:上流→下流
宿河原交差点の近く。このバス通り脇の歩道下にある
雨水幹線を流れて、1枚目の写真の合流口に行くのだろう。

konya5.jpg
2枚目の写真と同じ場所を後日訪ねた。
川崎市のこの辺りは、「下水道が完備されていない」ようで、
紺屋前堀と前川堀に「生活廃水」が入り込む事がある。
写真をよく見るとわかるが、「油が多量に浮いている」ときが
あるのだ。どこがおこなっているのかわからないのだが、
「穴」に土嚢が置かれて、釣堀や二ヶ領本川に生活廃水が
流れていかないようにすることがあるようだ。
ということは、釣堀の管理者が土嚢をおこなっているのか?
だが、土嚢を置くと、写真上の方に生活廃水が混じった水が
低い壁を越流して、前川堀の下流に流れていく。
前川堀は、そのうち取り上げる予定の二ヶ領本川の支流・
「宿河原堀」へと合流して、それは二ヶ領本川に合流する。
結局は、川を汚す事になってしまうのだ。
生活廃水を流さないために、下水道完備をしてほしいものだ。

ちなみに、諸先輩方が前川堀の「白濁」について記事にして
汚れを心配されているが、白濁の主な原因はこれである。
※猫またぎさん 「暗渠徘徊の日々」
http://ankyoneko.exblog.jp/14774905/

ちなみに、穴に土嚢を置かれている際に、1枚目写真にある
合流口を急いで見に行ったところ、水量が著しく減っていた。
それも拙者が「紺屋前堀が合流口に繋がる」と確信した理由。

DSC_0518.jpg
通常時、前川堀の上流から水が流れてきてはいないのだが
(前川堀の上流には、水の流れがある部分もあるのだが、
途中で土中に染み込んで2枚目の写真の場所までは
水が流れてきていない。降雨時や降雨の後には流れが
2枚目の写真の場所まで来ることがある)、
前川堀に流れ込む側溝に落とされる生活廃水があった。
油混じりの汚い泡立ちだ。このようなものが複数見られる。

konya6.jpg
写真:下流→上流
その紺屋前堀を遡ってみる。コンクリート蓋付の暗渠がある。

konya7.jpg
写真:下流→上流
北西方面に上流がある。写真右にあるのは、宿河原小学校。

konya8.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区登戸3187の辺り。
ここから上流では、道路の反対側の歩道下に暗渠がある。

konya9.jpg
写真:下流→上流
暗渠は、登戸駅方面に向かっている。

konya10.jpg
写真:下流→上流
途中、アスファルト舗装の暗渠となっている。

konya10-5.jpg
写真:下流→上流
コンクリート蓋付き暗渠が少しだけあったりする。

konya11.jpg
写真:下流→上流
その上流は、コンクリート舗装の暗渠である。

konya11-5.jpg
写真:下流→上流
登戸駅に着いた。写真奥は、小田急の登戸駅。

konya12.jpg
写真:下流→上流
驚いたことに、小田急の登戸駅の真下に暗渠が続いている。

konya13.jpg
写真:下流→上流
小田急登戸駅の向こう側に赤い舗装の暗渠が続いている。
飲食店が多く、「油」の廃水が混入しそうな場所である。

konya13-5.jpg
写真:下流→上流
サンクス川崎登戸店のところまで暗渠が続いている。

konya14.jpg
鉄格子内を覗くと、ちゃんと水が流れているのがわかる。

konya15.jpg
写真:下流→上流
そこから上流は、側溝が流路となっている。

konya16.jpg
写真:下流→上流
道路の区画整理がおこなわれているようで、弧を描く側溝。

konya17.jpg
写真:下流→上流
往時には、小川があったような想像をさせる曲がりとくねり。

konya18.jpg
写真:下流→上流
川崎市登戸2174の辺り。
側溝に水の流れはあるのだが、この辺の流路がわかり難い。

konya19.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区登戸1850の辺り。
この裏通りが、暗渠のような気がするが。。。

konya21.jpg
写真:下流→上流
その裏通りを抜けた先に、コンクリート蓋付の暗渠があった。
ここからの分流が、紺屋前堀になるのだと思われる。

konya22.jpg
1枚前の写真から振り向いたところにも
コンクリート蓋付きの暗渠がある。これは向ヶ丘遊園駅の
下を抜けていき、前川堀までつながっている水路なのだが、
途中で水が土に染み込んでなくなっていた。

konya23.jpg
写真:下流→上流
この太い歩道は暗渠だと思われる。

konya24.jpg
写真:下流→上流
多摩区役所の前の通り。この中央辺りに暗渠があるのか?

konya25.jpg
道路の真ん中に鉄格子があるのだが、何故かコンクリートで
鉄格子の目が埋められてあり、中を覗く事ができない。

konya27.jpg
写真:下流→上流
世田谷通りとクロスする登戸交差点を越えた先に、
コンクリート蓋付きの暗渠が唐突に復活していた。

konya28.jpg
コンクリートの隙間を覗くと、水の流れを見ることができる。

konya29.jpg
写真:下流→上流
古くからあるコンクリート蓋付きの暗渠という趣である。

konya31.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区登戸162-2の辺り。
コンクリート蓋付きの暗渠が続いて、写真奥には二ヶ領本川。

konya32.jpg
1枚前の写真にある鉄格子を覗くと、水は流れていなかった。
この数m前には僅かに水があったので、そこが源流のようだ。

konya33.jpg
源流は、二ヶ領本川に山下川が合流する場所の近く。
二ヶ領本川の方が低い位置にあるので、伏流水が源流地に
湧き出しているわけではなさそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード