平瀬川の支流(川崎市高津区久地2-3辺りの支流)

平瀬川に流れ込む支流の中で、多摩川に一番近い流れを
探索してみた。正確には、個人的に定めている「支流」とは
分類が違ってくるののだが、探索する価値はあった。

hirase-tama-gouryuukuchi.jpg
今回探索する支流の合流口付近から多摩川方面を見た所。
平瀬川は多摩川の有力な支流の1つであることがわかる。

3hirase1.jpg
川崎市高津区久地2-3の辺り。
水門になっている合流口がある。水量は多いようだ。

3hirase2.jpg
この水門の下付近には、コイが群れで泳いでいる。
真冬だが、周囲よりは暖かい? それともエサが流れてくる?

3hirase3.jpg
写真:下流→上流
合流口のすぐ上には鉄格子があって、裏通りの暗渠がある。

3hirase4.jpg
写真:下流→上流
暗渠は、土手と水門にぶつかった。

3hirase5.jpg
これは平瀬川の土手らしいのだが、土手の内側に住宅やら
ゴルフ練習場やらあって、洪水対策の意味がないような・・・。

3hirase6.jpg
写真:下流→上流
舗装された裏通りの暗渠は、土手の向こうにも続いている。

3hirase7.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区溝口6-7-36の辺り。
コンクリート舗装された暗渠があって、西方面に上流がある。

3hirase8.jpg
写真:下流→上流
曲がりくねったコンクリート舗装の暗渠が西に伸びている。

3hirase9.jpg
写真:下流→上流
途中には、コンクリート蓋付きの暗渠になっている所もある。

3hirase10.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区久地1-16-1の辺り。
地域のゴミ集積場があるが、ここで一旦暗渠から開渠へ。

3hirase11.jpg
写真:下流→上流
ここまで来ると、この支流のゴール地点の予想がついた。
ゴミ集積場の向こうは、太目の側溝風の開渠となっている。
やや水に濁りがあり、生活排水が混入しているという
情報もネット上にはあったが、混入場所はわからなかった。
流れが滞留しやすい場所のための濁りかも。

3hirase12.jpg
写真:下流→上流
歩道の所まで開渠だった時代があるのかもしれない。

3hirase13.jpg
写真:下流→上流
写真奥はバス通りになっているが、
その向こうに上流の流路があるようだ。

3hirase14.jpg
写真:上流→下流
バス通りの向こうに回り込む。流路がトンネルになっている。

3hirase15.jpg
写真:下流→上流
再びコンクリート蓋付きの暗渠になっている。

3hirase16.jpg
写真:下流→上流
その上流からは再びの開渠。古くから存在する水路の様相。

3hirase17.jpg
写真:下流→上流
住宅と住宅の間に流路がある。

3hirase19.jpg
そしてたどり着いたのは、かの有名な「久地円筒分水」。
用水路に水を振り分けるための装置で、登録有形文化財。

3hirase20.jpg
今回探索してきた支流は、二ヶ領用水の「久地堀」という事。
久地堀の終点は、平瀬川だということになります。

3hirase21.jpg
写真左側の用水が久地堀で、ここから今回探索した支流が
はじまるということ。写真右側は六ヶ村堀。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

久しぶりです。
やっぱり川崎は暗渠がかなりみじかにありますねぇ
流れが汚いのがちょっと残念ですね^^;

No title

わかりやすい暗渠は辿るとわくわくしますよ^^
わかりにくい暗渠は悩みながら歩くことになります^^;
川崎市は、意外と下水道が完全完備されていない所が
あったりします。平瀬川のあとに探索している川では
そんな所があったりして、「う~ん」という気分になりますね。

はじめまして

いつも興味深く拝読しております。
その奇妙な土手は、平瀬川の流路がつけかえられる以前からある「かすみ堤」という、江戸中期に造られた多摩川の土手です。

開発の話がありましたが、市民運動により、市議会で保存が採択されました。

No title

PIASさん>>

コメント&情報ありがとうございます。
なるほど、歴史ある土手なんですな。
で、市議会で保存が決定したことは、
川を愛好する一人としてうれしいことです。
今後も記事を読んでいただけますと幸いです。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード