(番外編) 小平市内ふれあい下水道館

都会の川にとって、「下水道」は関係が深いものである。
今までも何度か下水道施設関連の記事を書いたこともあるが、
東京都小平市にある「ふれあい下水道館」にも見学してきた。

DSC_0227.jpg
ふれあい下水道館の中にある展示物。
日本では近代まで、トイレでの汚物は
「汲み取り式」に集め、発行させて畑の肥やしにしていた。
また、風呂や洗濯、食器洗いには、
灰汁(あく)や米糠などの天然洗浄剤だけが使われており、
現在に比べると川に流す汚水の量もそれほど多くないので、
小さな汚れに関しては自然分解可能なレベルだった
(自然界の土中や水中に生息する微生物が食し分解した)。
そのため、下水に流れ込む水の多くは「雨水」であり、
大きなゴミをとる「杭」だけがあれば、汚水処理に事足りた。
写真の絵にあるピンクに塗られている所が川(下水)で、
橋の上流側に杭が乱立するように打ち込まれている。

だが、現在ではそうはいかない。
汚水処理用の下水道と下水処理施設があることが必須だ。

DSC_0228.jpg
この「ふれあい下水道館」の地下深くでは、
実際に今現在使われている下水道幹線の中が見学できる。
湿気が強く、レンズが曇り気味。

DSC_0230.jpg
これが流れている汚水。なんとも言えない臭いと色である。
しばらく見ていたが、「固形」の物体は流れてこなかった。
水に溶けてしまっているのかもしれない。
硫化水素も微量に含まれているので、長時間の滞在は難。
これだけの汚水なので、下水処理施設(水再生センター)が
当然必要なのが現代である。小平市のこのあたりは
「雨水」と「汚水」がともに流れている合流式下水道である。
雨が降れば、この施設も見学不可となる。

この汚水は、北多摩一号水再生センターで浄化処理されて、
中央自動車道の稲城IC近くで多摩川に放流されている。
東京を代表する大河川の多摩川でも、下流域を流れる水は
「汚水を処理した再生水が50%を占める」そうだ。
技術の発展でかなり再生水は綺麗になったが、
否応なしに下水道と都会の河川は切り離せない関係である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

めちゃくちゃ臭い日とそうでもない日があるみたいです

No title

その日の「流したモノ」によるのですかね^^;
訪ねた日とても臭かったです。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード