谷本川=鶴見川の支流(東急田園都市線 市が尾駅辺りの支流 1)

東急田園都市線の市が尾駅の近くの線路沿いに流れている
開渠の小川がある。ヤフーの地図などにも掲載されている。
これを下流・上流に探索してみた。

ichigao1-1.jpg
写真:下流→上流
横浜市青葉区市ヶ尾町1054-9の辺り。
田園都市線の線路沿いの道に、開渠の小川が流れている。
まずはこれを下流に向かって辿ってみる。

ichigao1-2.jpg
写真:上流→下流
開渠は60m程で、すぐに暗渠となってしまう。
また、この暗渠になってすぐの所で合流している小支流がある。
この小支流に関しては次回の記事にてまとめてみたいと思う。

ichigao1-3.jpg
写真:上流→下流
暗渠の上には「橋の跡」と思わしき遺物がある。

ichigao1-4.jpg
写真:上流→下流
横浜上麻生道路にぶつかる。どうやらこの道路下を横切って、
さらには市が尾変電所の下を流れているようだ。
写真にある中央分離帯の「白い部分」は暗渠がある証かも?
写真右の土手には田園都市線の線路がある。

ichigao1-5.jpg
市が尾変電所の向こう側にある口で、谷本川に合流している。

1枚目の写真の場所まで戻り、今度は源流を探して探索する。

ichigao1-6.jpg
写真:下流→上流
東急田園都市線の敷地内まで真っ直ぐな開渠が伸びている。
写真左上にあるのは市が尾駅のホーム。

ichigao1-7.jpg
写真:下流→上流
市が尾駅の手前辺りに開渠の上流端があり、
土管から豊富な水が流れ出ている。土管の先は市が尾駅下?

ichigao1-8.jpg
市が尾駅のホームは崖地を降りた所にある。
その崖地のどこかに湧水が出ていて、それが源流と思われる。
おそらく駅ができる以前からここに小川が流れていたのだろう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/23 09:08)

横浜市青葉区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

Secret

開渠を見るなら今のうちです

この川は10月4日現在、
暗渠化工事中です...

No title

なぜ暗渠化される必要の無いとこを暗渠化するのだろう...
変に金を支出するの気がするが...
ただ開渠を残してほしいだけ

No title

残念なニュースですね。。。

で、何故「暗渠にする必要があるのか」。
それは「ユスリカを嫌う一般市民」がいるからだと思います。
ユスリカは刺しませんし、幼虫期に水の中の有機物を食べ、
それを栄養にして成虫になり、それが鳥の餌にもなる。

蚊柱をつくっているので、気持ち悪い印象はあるのですが、
害も少ないものです(洗濯物につくという害はある)。
ですが、ユスリカを「吸血する蚊」と誤認して、
害虫だと思っており、その発生場所である開渠を嫌う人や、
開渠を切り捨てるかのように「ドブ川」と嫌う人もいる。

それゆえに自治体に暗渠化を訴える人がいて、
そのために、我々からみると、不要な暗渠化がおきている
と思いますね。開渠には「温暖化防止」などの利点も有り、
そのことを誰か強調する識者がいても良いとは思いますな。

No title

もしかしたら地球温暖化は高度経験成長期に沢山の川を埋めたり下水道転用したり暗渠にしたから
という理由も地球温暖化のわけに繋がりますね
川があればそばは涼しく、日陰に川があればクーラー要らずですよね。冬でも何だか川のそばにいると刺すような寒さが和らぐ気がします

No title

そうですね。

以前、目黒川の近くに勤務をしていたことがあるのですが、
夏の暑い日に明らかに涼しさを感じたこともありました。
それは目黒川のおかげだと思います。

地下水は大きく気温変動しないことが多いと聞きますから
冬場も安定したものになるのかもしれません。

流路を安定させるためのコンクリ護岸は必要と思いますが、
出来る限り開渠にする方がいろいろな意味で良いと
思っております。

安心

工事についてです。暗渠工事かと思いきや
後日見ると、何と高い柵がつけられてしまいました。
暗渠化にしろ、高い柵がつけられるにしろ、残念な工事をされたようです。おそらく、暗渠化に反対した人が居たのかもしれないですね

No title

高い柵ですか。
いずれにしろちょっと残念な工事ですね。。。
地図でみると、開渠になっているところが
探索をしてみると、暗渠になっていることが
よくあります。小川に関心をはらわない人が
少なくないことが気になりますね~。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード