恩田川の支流(谷戸川 1)

鶴見川を形成する大きな支流の1つが恩田川。
その恩田川にJR中山駅の近くで合流する支流の1つを
探索してみた。
当初は名称が定められていない支流かと思いきや、
橋に「谷戸川」と書かれていたので、これを仮名にする。
世田谷区に流れている川と同名だが、
地形の「谷戸」を流れて恩田川に注がれる小川であった。
小支流を含めて「全4回」で記事にまとめてみる。

midori1-1.jpg
横浜市緑区中山町33-4の辺り。
恩田川への合流口がある。
わかりにくいが、写真の中央辺りにあるのは鯉の群れ。

midori1-2.jpg
写真:下流→上流
合流口のすぐ上は開渠となっている。ここから遡ってみる。
この辺りの開渠はヤフーの地図にも掲載されている。

midori1-3.jpg
恩田川への合流口からすぐ上流に行った場所に、
小支流からの合流口がある。これは第3回記事でまとめる。

midori1-4.jpg
写真:下流→上流
川壁からの湧水が浸みだしている。
写真奥の橋は車道・歩道用で、さらに奥はJR横浜線の橋。

midori1-5.jpg
車道・歩道用の橋の欄干に「谷戸川」というレリーフがある。
これを川の名前として仮定しておく。

midori1-6.jpg
ヤフーの地図では、JR横浜線沿いに流路があるように記載。
だが、側溝が中央にあるだけで枯れている。
写真奥の石垣付近には2枚前の写真にあるような水が流れ、
ここが上流かと思いきや枯れ川。上流はどこにある?
(この枯れ川は第四回の記事にてまとめる)

midori1-7.jpg
横浜市緑区中山町108-1の辺り。
このマンションの真下に流路があることになるのだが。。。

midori1-8.jpg
写真:下流→上流
振り返った所にある私道(?)は暗渠だろうか?
また、この暗渠の周辺(三保交差点~緑警察署の辺り)は、
「谷戸」になっており、ここで合流する支流があるようだ。
その支流は第二回の記事にてまとめてみる。

midori1-9.jpg
下流→上流
神奈川県横浜市緑区三保町2175-1の辺り。
道路を渡った先に、遊歩道に整備されている暗渠があった。

midori1-10.jpg
写真:下流→上流
コンクリート整備された崖の際に暗渠の流路がある。
写真右の連続マンホールは汚水用であり、
写真中央付近のマンホールは「雨水用」となっている。
この雨水用マンホールの下に暗渠があるのだと思われる。

midori1-11.jpg
写真:上流→下流
曲がりくねりながら暗渠が続いている。川の形の名残だろう。

midori1-12.jpg
この「あめ」と書かれたマンホールの下に流路がある。

midori1-13.jpg
写真:下流→上流
宮根団地5号棟の近く。
フェンスに囲まれた細長い場所が暗渠だと思われる。
雨水落とし用の鉄格子があって、周囲より若干土地が低め。

midori1-14.jpg
写真:下流→上流
その上流は、アスファルト舗装されている歩道になっている。
このアスファルト部分の下に暗渠があると思われる。

midori1-15.jpg
写真:下流→上流
その上流は、再びのフェンス囲い暗渠。

midori1-16.jpg
写真:下流→上流
横浜市緑区三保町2308の辺り。
林立するポールに囲まれた歩道が暗渠のようである。
川の形の如くに曲がりくねっている。

midori1-17.jpg
写真:下流→上流
横浜市緑区三保町2367の辺り。
白い土地は駐車場のようだ。
アスファルトの細い通りの暗渠となっている。

midori1-18.jpg
写真:下流→上流
どうやら、写真奥の坂は土盛りをしてつくられたもののようで、
谷地系となっている坂の向こう側に上流があるようだ。

midori1-19.jpg
写真:下流→上流
横浜市緑区三保町2361の辺り。
坂の向こうに小さな谷地があり、歩道として整備されている。
歩道の白い部分が暗渠となっている。

midori1-20.jpg
鉄格子の覗くと、水の流れを見ることができる。

midori1-21.jpg
写真:下流→上流
1枚1枚が細長いコンクリート蓋の暗渠となっている。

midori1-22.jpg
コンクリート整備されたこの谷地からは湧水が複数出ていて、
それらも暗渠に落とされている。

midori1-23.jpg
写真:下流→上流
車止めのある歩道の奥には、再びの開渠がある。
ヤフーの地図には掲載されていないが、開渠となっている。

midori1-24.jpg
写真:下流→上流
三保不動緑地という山林の際に開渠が流れている。
写真左側の緑地から湧水が多数開渠に流入しているようだ。

midori1-25.jpg
綺麗な水が流れている。底には何やら魚がいるようだ。

midori1-26.jpg
緑地側から「滝」が流れてくると思われる坂があったのだが、
枯れている。水が流れるときがあるのだろうか?

midori1-27.jpg
ズームで撮影。滝の際に「お滝様」と書かれた表示があった。

midori1-28.jpg
写真:下流→上流
石組で整備された流路となっている。

midori1-29.jpg
途中、コンクリートブロックの関(?)が流路におかれている。
写真中央のブロックの穴から水が出てきている。
大雨時の洪水対策のための施設だろうか?

midori1-30.jpg
写真:下流→上流
緑地内の南端方面に上流があるようだ。
緑地の際付近より上流では明らかに水量が少ない。

midori1-31.jpg
写真:上流→下流
緑地内では、流路がコンクリートによる整備はされていない。
天然の小川のままとなっている。

midori1-32.jpg
写真:下流→上流
横浜市緑区三保町2627の辺り。
緑地を抜けた上流は、再びのコンクリート整備された開渠。

midori1-33.jpg
写真:上流→下流
ここが開渠の上流端となっている。だいぶ谷地の奥にきた。

midori1-35.jpg
三保第一雨水調整池にたどり着いた。ここが源流のようだ。

midori1-36.jpg
雨水調整池ではあるが、谷奥の場所であり、
調整池整備される以前から池か沼があったのかもしれない。
たくさんの湧水が池の中の池に集まってきている。

midori1-37.jpg
池はビオトープとして管理されているようだ。

midori1-38.jpg
調整池の南西端からも水が流入している。
付近の湧水が集まり、雨水幹線を通って流れてきたのだろう。

細い小川となっている部分が多いのだが、1.3km程有り、
なかなかに探索していて趣深い川だった。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/04 08:53)

世田谷区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

Secret

No title

10〜20年前まで(記憶が曖昧です)は埋め立てられてなかったんですよね。
しかしながら、子供たちでさえ遊ぶ事のない川でした。。。
そのもっと前はわかりませんが。

途中にある「お滝さま」のある所はかつてその名の通り滝が合ったそうですよ。
下記URLは250年祈年祭のニュース記事です。

▼地域で守る“水源信仰”
http://www.townnews.co.jp/0102/2009/08/06/29299.html

三保住人さま>>
コメントありがとうございます&情報ありがとうございます。
探索していて、なかなかに趣深い川だと思いました。
お滝さまの講和が今でもおこなわれているんですね。
こういう川を地域でも大事にしてこれからも残して欲しいと
思います。

正式名称

この川の正式名称は「台村川」という名前だそうです

No title

情報をありがとうございます。
この辺りに住んでいる人から
その名称だという情報もあったのですが、
一級の資料には記載がみつからなかったのですよ^^;
それゆえに、欄干に記載があった河川名を採用しました。

No title

恩田川のウェキペディアの支流の書かれている所にありました
台村川は「下流部では特に谷戸川といわれる」と書かれていました!
又鶴見川流域マップにも台村川(谷戸川)と書かれていました!
でももしかしたら谷戸川が正式名称だったりして
一文上の事を考えた理由:欄干に記載されてるから

No title

情報ありがとうございます。
で、そのウィキに記載がある「台村川」は、
この支流↓のことを書いているようです。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-172.html

同じような所に、同じぐらいの太さ・水量の小川が流れ
どちらが本流かわからないのですが、
もしかすると、このページで取り上げたのは
谷戸川(台村川)の本流ではないのかも。

あと、支流と本流の名称が入れ替わってしまったと
疑われる例も他で見たことがあるので
(目黒川の支流である羅漢寺川とその支流の六畝川)
正直なところ不明ではありますね^^;

No title

こんにちは。
先日、中山に行ってきまして、この川も見てきました。
敷地が白い「交差点内駐車場」のあたり、面白かったですね!

いくつか発見したことがありまして、例えば上の記事の「緑地内では、流路がコンクリートによる整備はされていない。」の写真の少し下流で、別の支流が合流しており、そちらの方が水量は豊富です。
「谷戸川 4」の枯れ川の流れも続きがあったりとかします。

No title

「谷戸川 4」の上流にあたる水路(?)はあるんですね。
でも、拙者の場合、「水が終わり」ならば
そこから先には探索をしないので^^;

あと、コンクリートブロックのあたりで
合流している小支流はあったのですが、
拙者が探索したときには、なぜかほとんど水が流れおらず。
ゆえに省略をしました。
何かしら工事をしていたので、
一時的に水を他方に流して処理していたのかもしれません。
今度訪ねてみようかと思います^^
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード