早渕川の支流(荒磯川)

鶴見川の水系の重要な支流・早渕川。
その早渕川に流れ込んでいる「荒磯川」という支流を探索。
「荒磯川」というと地元(横浜市都筑区)の方でも
「ピン」とこないことがあるそうだが、
「茅ヶ崎公園」を流れている小川というとわかる人が多そう。
源流がわかりやすかったので、
源流からスタートし、合流口までくだる記事としてまとめた。

araiso1.jpg
「茅ヶ崎」だが、神奈川県の南部にある市とは関係がない。
横浜市都筑区にある地名であり、公園の名前になっている。
ちょっとわかりにくいが、写真中央に「荒磯川」と書いてある。

araiso2.jpg
茅ヶ崎公園の西南側に公園本体とは半ば独立した感じで
「梅ヶ谷戸源流庭園」というのがつくられている。
その名の通りにここが源流のようである。

araiso3.jpg
この源流庭園辺りは、公園化以前から荒磯川の源流がある
谷戸だったようだが、土砂や大量の落ち葉で埋まってしまい
源流が消滅していた時期もあるようだ。
平成21年に市の事業として庭園整備と源流復活が計られ、
太陽光発電で電動ポンプを稼働させて、水をくみ上げている。

araiso4.jpg
電動でくみ上げられた水はこの手動ポンプから放出される。
レバーを動かすと水も出るが、普段は器械根元についている
小さな穴から水が流れ出ている。

araiso5.jpg
井戸から出た水は小池をつくっている。ここからくだってみる。

araiso6.jpg
源流庭園の池には、おたまじゃくしがたくさん泳いでいた。

araiso7.jpg
写真:上流→下流
源流庭園の小池から小川が流れている。

araiso8.jpg
写真:上流→下流
水量が少ないので、案の定、途中から枯れ川になっている。

araiso9.jpg
写真:上流→下流
枯れ川のままで柵の中に入っていく。
この柵の向こうには「自然生態園」が整備されている。

araiso10.jpg
写真:下流→上流
回り込んで自然生態園の中に入ったが、
水路は湿っているものの水はまったく流れていない状態だ。

araiso11.jpg
1枚前の写真から2mほど下流に行くと水が湧き出ている。
源流庭園から流れ出た小川が、一度土に浸みこんでから
この場所で湧き出ているのか、それともここが事実上の
源流と言える場所なのかわからないが、流れができている。

araiso12.jpg
湧き出した水は「カエル池」に溜り、小川に流れ出していく。

araiso13.jpg
写真:上流→下流
小川が自然生態園内の谷間にある。

araiso14.jpg
自然生態園の中にある比較的大きな池。「御手洗池」という。

araiso15.jpg
これは御手洗池の下流にある「トンボ池」。

araiso16.jpg
写真:上流→下流
自然さながらの小川がある風景となっている。

araiso17.jpg
写真:上流→上流
自然生態園を出て、茅ヶ崎公園本体の小川をくだって行く。
水深は浅いが太い川となっている所もある。

araiso18.jpg
写真:上流→下流
人工的な石組みで流路がつくられている所もある。

araiso19.jpg
公園内にはこんな趣ある橋も小川にかかっている。

araiso20.jpg
途中の公園内に大きな池もあり、親水設備もつくられている。

araiso21.jpg
写真:上流→下流
大きな池から再び小川が流れ出している。

araiso22.jpg
写真:上流→下流
石組みの橋も趣がある。

araiso23.jpg
写真:上流→下流
公園から伸びている緑道に入ると、人工的なつくりになる。
降雨時の大水になった際に雨水幹線へ水を逃すための
鉄格子も多くつくられている。

araiso24.jpg
写真:上流→下流
大通りとクロスする所では、メカニカル(?)風な水路になる。

araiso25.jpg
写真:上流→下流
写真右側の崖上には「港北ニュータウン」がある。

araiso26.jpg
写真:下流→上流
このクランクは大水の際に水の勢いを弱めるためのものか?

araiso27.jpg
写真:上流→下流
港北ニュータウンに隣接する公園として整備されている所は
親水できる水路となっている。子供も小川を跨ぐ事ができる。

araiso28.jpg
写真:上流→下流
小川に接して散歩道が整備されている。

araiso29.jpg
港北ニュータウンの建っている石垣整備された丘側からは
たくさんの湧水が小川に流入している。

araiso30.jpg
小川といえばカルガモは付き物。

araiso31.jpg
写真:上流→下流
横浜市都筑区茅ヶ崎東2-27の辺り。
源流から約1.3キロ。ここが開渠の小川の下流端となる。

araiso32.jpg
この開渠の下流端にある円筒形の施設に水が吸い込まれる。

araiso33.jpg
写真:上流→下流
ここからは暗渠になっており、緑道下に流路があるようだ。

araiso34.jpg
写真:上流→下流
横浜市都筑区茅ヶ崎東5-4の辺り。
おそらく、この道路右端辺り下に暗渠があるのだと思われる。

araiso35.jpg
写真:上流→下流
道路の先には水門がある。

araiso36.jpg
荒磯川は、この水門で早渕川に合流している。

ここに港北ニュータウンなどの住宅地が整備される以前から
小川があり、それを公園化することで活かしているようだ。
荒磯川という名前だけに荒れることもあったのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード