大熊川(鶴見川の支流)

鶴見川水系の重要な支流に、「大熊川」という河川がある。
新横浜の近くで鶴見川に合流しているのだが、
この川を源流まで探索してみたので、記事にまとめた次第。
あまり下調べをせずに行ったので源流まで遠く大変だった。
また、支流は比較的大きな支流が数本あったので
それは順次記事にアップしていこうと思う。

ookuma1.jpg
写真:下流→上流
写真撮影の場所は横浜市都筑区川向町であり、
江川と大熊川に挟まれた三角地帯となっている。
また、都筑区川向町と横浜市港北区新羽町の境地でもある。
この場所から下流30mほどで江川(横浜市)と合流し、
80mほど下流で鶴見川に合流をしている。
コンクリートで整備もされているが、自然の趣も残されている。
ここから源流まで遡ってみる。

ookuma2.jpg
写真:下流→上流
上流から運ばれてきた土砂が堆積して自然の土手を形成。

ookuma3.jpg
横浜市港北区新羽町2821の辺り。
並行して流れる開渠の小支流があった。
この支流に関しても記事としてアップしていく予定である。

ookuma4.jpg
写真:下流→上流
コンクリート整備された崖の際を流れている。

ookuma5.jpg
崖地ゆえに湧水があって大熊川に落とされている所がある。

ookuma6.jpg
この辺りは水深が比較的あるようで、鯉が群で泳いでいた。

ookuma7.jpg
写真:下流→上流
写真奥に見える高架は第三京浜国道である。これをくぐる。

ookuma8.jpg
第三京浜の下で合流する支流があった。
コンクリート蓋付きの暗渠であり、これも記事にする予定だ。

ookuma9.jpg
川壁からは多くの湧水が、大熊川に直接流入をしている。

ookuma10.jpg
写真:下流→上流
折本橋交差点を越えた上流は、川幅が少し狭くなっている。

ookuma12.jpg
横浜市都筑区折本町付近では湧水が各所から流入している。
この流れは、近辺のビニールハウスの畑の余り水のようだ。

ookuma-tsuika.jpg
これは、写真奥の丘にある小さな湧水からの流れのようだ。

ookuma13.jpg
これはヤフーの地図などにも掲載されている開渠の支流で、
この支流は記事にアップする予定。水が豊富である。

ookuma14.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区東方町1622の辺り。
歩道用の橋の下で2つの流れが合流している。
写真右側から来る流れが大熊川の本流となっている。

ookuma15.jpg
1枚前の写真の左側から来る流れは
コンクリート蓋付きの暗渠となっている支流である。
この先で開渠となるのだが、この支流も記事にする予定。
この支流の上流には、「もう1つの源流」というべき
この辺りの歴史に深い意味を為した池がある。

ookuma16.jpg
写真:下流→上流
大熊川の本流も、ここまで上流にくると水量が減っているが
川壁の竹林から直接流入する湧水もあるようだ。

ookuma17.jpg
横浜市都筑区折本町1022の辺りで
一度開渠が途切れるが、そこから30mほど離れた場所にて
再び開渠が出現。ゴミ除けのためか? ネットに覆われている。

ookuma18.jpg
写真:下流→上流
住宅街の間を縫うように流路がある。

ookuma19.jpg
写真:下流→上流
住宅街を抜けると、農地が周囲にある場所に
ストレートに整備された開渠がある。

ookuma20.jpg
写真:下流→上流
写真奥のトンネルが開渠の上流端である。

ookuma21.jpg
写真:下流→上流
タクシーなどが使う天然ガスのガソリンスタンドの敷地横に
コンクリートで覆われた暗渠がある。

ookuma22.jpg
写真:下流→上流
緑の金網の際になるコンクリートの谷間に流れがあるようだ。

ookuma23.jpg
写真:上流→下流
回り込んで上から見ると、蓋なしの側溝になっているようであり、
写真中央にあるのが細い水路である。

ookuma24.jpg
天然ガスのスタンドは谷地の奥に作られたもので、
一番奥から湧水が側溝に出ているようだ。ここが源流である。
この谷地は「川崎市高津区久末の日吉台からの有馬川の支流」
で見た源流地に形が似ている。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-94.html
また、この谷地の上には中原街道が走っていて、
浄念寺川など中原街道が源流地近辺になっていることが多い。
この道は中世からあるそうで、旅人が湧水で喉の渇きを癒し、
遠路を歩き続けるエネルギーになっていたのかもしれない。

ookuma25.jpg
谷地の上、中原街道を越えた先にも暗渠らしきものがある。
現在は通常時に水の流れを見ることができないが、
その昔は、源流の谷地よりも奥まで湧水があったと思われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

大熊川の支流は基本的に水量が多い気がしますv-536

No title

そうですね。
小支流の上流に田畑が多く、
湧水の原料になる雨水が多く
地中に浸みこみますからね。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード