江川(横浜市,鶴見川の支流)

同名の河川は隣りの川崎市にもあるために混乱しやすいが
(しかもどちらの川も緑道が整備されている)、
今回記事にするのは、「横浜市の江川」である。
川崎市の江川は以前記事にした事があるので参照ください。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-63.html

こちらの江川も元は農業用水路であり、それを緑道に改造し、
下水の再生水を流している。川崎の江川とこれは同じだ。
しかしながら、元は天然の河川だった部分もあるようで、
現在も湧水や支流からの合流があるところは違っている。
支流の「浄念寺川」に関しては別の記事にまとめる予定だ。

egawa-1.jpg
神奈川県横浜市都筑区東方町300-1の辺り。
エネオスのガソリンスタンドの近く。
ここから「本格的」に江川がはじまっている。
まずは、この場所から上流に向かって遡ってみることにする。

egawa-2.jpg
写真:下流→上流
大日本印刷横浜工場の南側にこのような植え込みがある。
この下に暗渠があるようだ。

egawa-3.jpg
神奈川県横浜市都筑区池辺町3564の辺り。
歩道上に複数のマンホールがあり、
ここが江川と浄念寺川の合流地点(浄念寺川の下流終端)。
今回はここを写真左側に行き、江川を遡ってみる。

egawa-4.jpg
写真:下流→上流
緑道の端にせせらぎがつくられている。
江川の本体は緑道の下にある暗渠になっている。

egawa-5.jpg
写真:下流→上流
細めのせせらぎとなっている所もある。

egawa-6.jpg
このせせらぎは江川本体からポンプアップされた一部の水が
滝状の施設から流されているようだ。

egawa-7.jpg
写真:下流→上流
その上流では、せせせらぎがなくなって暗渠の江川がある。

egawa-8.jpg
写真:下流→上流
さらに上流では、せせらぎが復活している。

egawa-9.jpg
写真:下流→上流
どうやらこの滝状の施設から再生水が流されているようだ。
事実上の江川の源流はここだといえるが、
緑道は続いているので、もう少し上流まで探索をしてみる。

egawa-10.jpg
写真:下流→上流
再生水を流している場所より上流は雨水幹線になっていて、
降雨時には水が流れているのだろう。

egawa-11.jpg
しかしながら、「河川」として横浜市に管理されている。
この辺りは、元は天然の川があったのだと思われる。

egawa-12.jpg
写真:下流→上流
若干曲がりくねった江川が住宅街の間にある。

egawa-13.jpg
写真:下流→上流
緑道の上流終端の先には、コンクリート蓋付き暗渠があるが、
通常時に水の流れはないようである。

egawa-14.jpg
このコンクリート蓋付きの暗渠の先から少し北に行った所に、
八所谷戸の交差点がある。
細かい暗渠らしきものが周囲にたくさんあって、
谷戸で支流が集まり、江川を形成していた時代もあるようだ。

egawa-15.jpg
このような暗渠が複数あり、一部に僅かな湧水もあるようだが
事実上の源流は再生水の吹き出し口だといえる。

一枚目の写真の場所に戻って、今度は下流に向かってみる。
地図で見るとゴールは鶴見川である。

egawa-16.jpg
写真:上流→下流
土手が整備されたまっすぐな江川が伸びている。
これは用水路として整備された頃の名残であろう。
畑・水田だった周囲は、山崎パンや東京エレクトロンなどの
大型の工場や、日本通運などの配送センターになっている。
そのため、現在の主な役割は「雨水」を流す水路のようだ。

egawa-17.jpg
写真:上流→下流
ほとんどの流路脇が親水できる緑道として整備されている。

egawa-18.jpg
鯉が泳いでいる。写真の細かい黒い点も
魚種は不明ながら魚である。小型の鯉かクチボソだろうか?

egawa-19.jpg
ニシキゴイもいる。誰かが放流したのだろうか?

egawa-20.jpg
写真:上流→下流
中州をつくり、花を栽培しているようだ。

egawa-21.jpg
数か所から僅かな湧水の流入はある。

egawa-22.jpg
写真:上流→下流
泥が堆積した自然の中州だろうか? 草が生えている。

egawa-23.jpg
写真:上流→下流
直線ばかりの流路ではなくて、若干の曲がりくねりはある。

egawa-24.jpg
写真:上流→下流
第三京浜国道の下をくぐる。

egawa-25.jpg
土手で丸まっているのはアヒル。

egawa-26.jpg
小型の白サギもいた。小魚を捕食しているのだと思われる。

egawa-27.jpg
写真:上流→下流
川向ポンプ場の横。
写真右の白いコンクリートと三か所の横に長い穴は、
江川が増水をした際に水をポンプ場内に逃がすための施設。

egawa-28.jpg
写真:上流→下流
水門があって、流れはトンネルに入る。

egawa-29.jpg
写真:下流→上流
水門の出口。この30mほど下流で大熊川と合流をする。
さらに、100mほど下流で鶴見川へと合流している。

今回記事として辿った江川は、ほとんどが下水処理場での
再生水が流れているように見えるが、
途中で合流している浄念寺川は湧水由来の自然河川で、
1枚目の写真辺りからの水の半分以上は湧水由来である。
また、江川上流にも僅かな湧水由来の小支流があり、
それを次回の記事でとりあげてみたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

先週の日曜日ここに行きました!

タイトルのとうりww 本格的に江川がはじまるくらいのところからたどりました(下流に)
中々いい感じでした!(感想)
でも一か所中洲についての写真の所の橋の下にちょっとアレな光景もありましたけど...
(^ー^;)

No title

橋の下? ホームレスさんですかな?
「本格的にはじまる」所の上流で合流する
「浄念寺川」もなかなかに趣がありますよ^^
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード