FC2ブログ

羅漢寺川 1(目黒川の支流)

目黒川の支流としてポピュラーな川であり、
多くの諸先輩方も探索をしているのが「羅漢寺川」であるが、
自分なりの視点で探索をし、記事としてまとめてみた次第である。

rakannjigawa-gouryuu.jpg
目黒区下目黒2丁目の「パナソニックシステムネットワークス」の近く。
これが羅漢寺川の目黒川への合流口。少ないが水が落ちている。
ほぼ全面暗渠の川をここから遡ってみる。

rakannji-annkyo1.jpg
写真:下流→上流
合流口上は暗渠になっている。昭和30年代までは開渠だったようだ。

rakannji-annkyo2.jpg
写真:下流→上流
古くからある隣接する工場が雨どいからの雨水を地上に流している。
羅漢寺川が開渠だった頃の名残なのかもしれない。

rakannji-annkyo3.jpg
写真:下流→上流
その上流では道路の下に暗渠があるようだ。
不自然に太めの歩道と連続するマンホールがそのことを示している。

rakanji-annkyo4.jpg
写真:下流→上流
車止めが穿たれていて歩道専用となっている暗渠がある。
曲がりながら川路があり、近道として使われている歩道である。
この上流には山手通り(環状六号線)がある。

rakanji-annkyo5.jpg
写真:下流→上流
山手通りの向こうに上流は続いており、
コンビニエンスストアの「サンクス下目黒店」の裏手に暗渠がある。

rakannji-annkyo6.jpg
写真:下流→上流
目黒区下目黒3-20の辺り。
連続するマンホールからこの歩道の下に暗渠があると思われる。

rakannji.jpg
これが川の名称由来となった「五百羅漢寺」である。
305体の羅漢像が安置されているとか。
この寺の入口付近を流れており、昔は開渠であったと思われる。

rakanji-annkyo7.jpg
写真:下流→上流
再び車止めが穿たれていて、レンガ歩道になっている暗渠がある。

rakannji-annkyo8.jpg
写真:下流→上流
曲がりくねりながら暗渠がある。
この辺りはCMやドラマ、映画でロケによく使われているようだ。
写真右の塀向こうは「目黒不動」の森である。

hudou-ikenochizu.jpg
この森には、一般参拝者には未公開であるが「池」があるようで、
ここからの水が一枚前の写真の辺りで落とされているようである。
後述するが、目黒不動は湧水が豊富であり、おそらくは池の水も
湧水由来のものだと推測できる。

rakanji-annkyo9.jpg
写真:下流→上流
目黒不動の外壁に沿って暗渠がある。
この辺りでも暗渠に水が落とされているような音が聞こえてくる。

hudou-sanmonn.jpg
その先には目黒不動の山門がある。この山門の前に暗渠がある。
正式名称は「目黒不動尊 滝泉寺」というようだ。
湧水が豊富なことから「滝」の字がつけられたのだろうか?

hudounai-kaikyo.jpg
写真:目黒不動内の流れを下流→上流
目黒不動の境内には湧水を利用した人工の水路が作られている。

hudounai-annkyo.jpg
写真:目黒不動内の流を下流→上流
元は水路で石橋がかかっていたと思われる暗渠が境内にある。

hudounai-manho-ru.jpg
写真:目黒不動内の流を下流→上流
連続するマンホールからこれも境内の暗渠だと思われる。

hudounai-wakimizu1.jpg
境内にはたくさんの湧水がある。

hudounai-wakimizu2.jpg
水芸の如く鯱の口から水を吹くように細工された湧水。

hudounai-wakimizu3.jpg
この手水も湧水を利用したもののようだ。

hudounai-wakimizu4.jpg
手水から溢れ出た水は階段横の水路を流れ落ちていく。

hudounai-wakimizu7.jpg
この鉢の水は、竹筒で湧水を導いて溜められているようだ。

hudounai-wakimizu9.jpg
この手水も湧水をひいているようだ。

hudoounai-wakimizu10.jpg
手水をあふれ出た水は水たまりをつくっている。

hudounai-wakimizu8.jpg
手洗い場として利用されている湧水もある。夏には涼を与えている。

hudounai-wakimizu5.jpg
そして、これが目黒不動を紹介する際によく取り上げられている池。
どんな干ばつの時にも水が枯れることがないそうだ。

hudounai-wakimizu6.jpg
竜の口から水が出るように滝がつくられている。
滝行をするための石台も設置されていた(通常時は立入禁止)。

hudounai-ike.jpg
湧水を導水したと思われる池も山門の外にある。

これらの湧水が12枚前の写真にある境内の暗渠に集められて
境内内の水路を流れ、羅漢寺川の暗渠に落とされているようだ。
この湧水は羅漢寺川の極めて重要な水源となっているようだ。
また詳しくは後述になるのだが、羅漢寺川の「事実上の源流」は
これらの目黒不動の湧水だと推測される。

rakannji-annkyo11.jpg
写真:下流→上流
羅漢寺川の暗渠は、目黒不動を突き抜けた先にも続いている。

rakanji-annkyo14.jpg
写真:下流→上流
崖下の谷間に暗渠がある。

rakanji-annkyo-wakimizu.jpg
この辺りには、有名な湧水がある。飲用は不可だが涼は可である。
この湧水も暗渠に落とされていると思われるが、
目黒不動から先の暗渠には、水が流れている様子が感じられない。

rakannji-annkyo-tetsugousi.jpg
暗渠には、雨水を落とすための鉄格子が多く設置されている。
目黒不動から先の暗渠は、事実上は降雨時の雨水幹線なのだろう。

rakannji-annkyo16.jpg
写真:下流→上流
目黒区下目黒6-8の辺り。
写真奥で暗渠が見当たらなくなる。
この辺りでは羅漢寺川の流れが複数に分流していたようであり、
本流を上流域まで辿るためにも、南に20mほど行った所にある
「林試の森」の方へ行ってみる。

rakanji-annkyo17.jpg
写真:下流→上流
写真左側の森は「林産試験場」の跡で、
「林試の森」として一般に開放された都立公園となっている。
このレンガ道も羅漢寺川の暗渠である。
この林試の森にある人工の池からあふれ出た水も
この暗渠に落とされていると推測されるが、
それは次々回の記事にて取り上げてみたいと考えている。

rakanji-annkyo18.jpg
写真:下流→上流
目黒区下目黒6-22の辺り。
羅漢寺川と六畝川(ろくせがわ)が合流する所。
写真右に上流があるのが六畝川、
写真左に上流があるのが羅漢寺川。
だが、目黒区の図書館で古い資料を見ると、
この2つの川が「逆さまに書いてある」書籍もある。
あるときに2つの河川名が入れ換わったしまったのか?
それとも一部の書籍が間違っているのか? 不明である。
さしあたって、「羅漢寺川とされている暗渠」の上流に遡る。

rakanji-annkyo19.jpg
写真:下流→上流
2つの河川の合流点から先の暗渠は細い道路となっているが、
ほとんど人が通らないようで、クモの巣がはっていた。

rakanji-annkyo20.jpg
写真:下流→上流
丘から下った辺りに暗渠があり、湧水がありそうな地形だが
水の流れはまったくあるように感じられない。

rakanji-annkyo21.jpg
写真:下流→上流
大谷石で整備された崖の下に暗渠がある。
この辺りの羅漢寺川は品川区と目黒区の区界に流れがある。

rakannji-annkyo23.jpg
写真:下流→上流
品川区小山台2-1-8の辺り。
羅漢寺川はここが上流端。
辿りついたバス通りは品川用水の跡に作られた道路である。
品川用水と羅漢寺川に「繋がりはない」というのが定説だが、
ここまで上流端が近いと関係があったかのように思えてしまう。
この場所は谷間になっており、湧水があった可能性もある。

目黒川の支流には、他には蛇崩川や谷戸前川があるが、
どちらも「下水道転用」をされており、下水からの越流水が
目黒川に水を落とすようになっている。
しかしながら、羅漢寺川は一応はちゃんとした湧水に由来する
河川が流れて、目黒川に水を注ぎ込んでいる。
目黒不動よりも上流は、事実上の「雨水幹線」と化していると
思われる。だが、目黒不動からの湧水が羅漢寺川を形成して
目黒川まで流れついている。こういう川を大切にしたいものだ。
スポンサーサイト



プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード