早渕川の支流(神無公園からの支流 2 = 山田富士公園からの支流)

前回の記事の続きである。

sinnasi2-1.jpg
この山田富士公園の池から流れ出した水も
前回探索をした小川と緑道下の雨水幹線にも流されている。
この池の源流を探索してみた。

sinnasi2-2.jpg
写真:下流→上流
人工的につくられた小川に水が流れ、池に注ぎ込んでいる。

sinnasi2-3.jpg
写真:下流→上流
写真では水の流れがよく見えないが、
葉っぱに埋もれながらも水が少量流れている。

sinnasi2-4.jpg
山田富士公園のある谷の奥に
水が溜まっている小さな池がある。ここが源流のようである。
地形からいって湧水があるのだろう。
スポンサーサイト

早渕川の支流(神無公園からの支流 1)

鶴見川の支流・早渕川に、
横浜市都筑区早渕3-47辺りで合流している長い支流を
源流まで探索してみた記事である。
源流は「神無公園」という所であり、それを支流名に使った。

sinnasi1.jpg
横浜市都筑区早渕3-47-30の辺り。
これが早渕川への合流口。多くの雨水幹線も合流していて
水量は多くなっている。ここから源流を目指して遡ってみる。

sinnasi2.jpg
写真:下流→上流
水門のすぐ上流からは真っ直ぐな道路がある。
この道路の下にある雨水幹線が支流の暗渠となっている。

sinnasi3.jpg
これは道路の脇の歩道にある雨水幹線のマンホール。

sinnasi4.jpg
写真:下流→上流
中原街道(新道)をクロスして溯る。

sinnasi5.jpg
歩道の端っこには、雨水を落とすための口がつくられている。

sinnasi6.jpg
写真:下流→上流
中原街道(旧道)をクロスして溯る。

sinnasi7.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区東山田1029の辺り。
写真奥からは緑道になっている。緑道の下に暗渠がある?

sinnasi8.jpg
写真:下流→上流
石畳の緑道がつくられている。

sinnasi9.jpg
緑道にある雨水幹線。これが暗渠のようだ。

sinnasi10.jpg
だが、緑道は急な登り坂になっており、河川とは思えない。

sinnasi11.jpg
写真:下流→上流
どうやら暗渠は、県道102号線沿いにある歩道下のようだ。

sinnasi12.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区東山田3-17-2の辺り。
県道102号線をまたいだ先に、石畳の緑道が続いている。
この緑道の下に暗渠があるようだ。

sinnasi13.jpg
緑道に突然あらわれた水の吸い込まれる口。

sinnasi14.jpg
写真:下流→上流
ここから上流は、開渠の小川となっている。
ようやく川探索らしくなってきた。この小川は小さな谷にあり、
緑道整備される以前は天然の小川が流れていたと思われる。
また、石畳の下には雨水幹線となっている暗渠があり、
それもこの支流の一部といえる。

sinnasi15.jpg
写真:下流→上流
緑道に合わせて、橋なども整備されている。

sinnasi16.jpg
谷間を流れているため、パイプから湧水が流入をしている。

sinnasi17.jpg
写真:下流→上流
横浜市営地下鉄の北山田駅近く。
自然の様相を残した小川の整備がされているようだ。

sinnasi18.jpg
大雨の際に小川からオーバーフローした水はここに落とされ、
緑道下にある雨水幹線に流されるようである。

sinnasi19.jpg
写真:下流→上流
趣のある石造りの橋も小川にかかっている。

sinnasi20.jpg
この緑道は「ふじやとのみち」というようだ。
ということは、この川がある谷間は「富士谷戸」というらしい。

sinnasi21.jpg
緑道に隣接する「山田富士公園」にある池。
この池からの水も小川と緑道下の雨水幹線に合流している。
この池の源流は第二回の記事にてまとめる予定。

sinnasi22.jpg
写真:下流→上流
県道102号線の下をくぐってからは、
さらに自然の様相を残したような、くねくねした小川である。

sinnasi23.jpg
この辺りの小川と緑道は、神無公園の中にある。

sinnasi24.jpg
写真:下流→上流
小川の上流は、鉄格子の側溝内にある。

sinnasi25.jpg
鉄格子側溝の上流には、神無公園にある三日月型の小池。
どうやらここが源流のようである。

sinnasi26.jpg
小池にはここから水が流し込まれることもある。
ここからの水は、ポンプで井戸水をくみ上げたもののようだ。
また、池底からは自然の湧水が出ているのが見られる。

早渕川の支流(横浜市都筑区南山田付近からの支流 3)

前回・前々回の記事の続きで、全3回の最終回となる。

minamiyamada1-10.jpg
前回・前々回の記事にも出てきた3つの流れの合流場所。
写真ではちょっとわかりにくいが左斜めパイプの下にある
四角い配管からも少しばかり水が合流している。

my3-1.jpg
写真:下流→上流
明確な水の流れはわからないのだが、
この歩道の下に暗渠があると思われる。

my3-2.jpg
横浜市都筑区南山田町4093の辺り。
暗渠がある歩道の左右は畑と空き地になっており、
このあたりに降った雨が地面に浸み込んで
水の流れをつくっていると思われる。

早渕川の支流(横浜市都筑区南山田付近からの支流 2)

前回探索した早渕川の支流の続きとなる。

minamiyamada1-10.jpg
この3流れ合流場所の、左斜めからのパイプを遡ってみる。

my2-1.jpg
写真:下流→上流
写真右側が前回の記事に出てきた暗渠。
今回探索する流れの上流は写真中央の坂の所にあるようだ。

my2-2.jpg
写真:下流→上流
中原街道にぶつかる。
写真手前の四角いマンホールから街道向こうにある
四角いマンホールに上流があるようだ。

my2-3.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区南山田町3808の辺り。
中原街道沿いの側溝に流れをみることができる。

my2-4.jpg
側溝割れ目から中を覗いてみた。豊富な水が流れている。

my2-5.jpg
1枚前の写真辺りで、民家と民家の間から合流している
小支流がある。枯草に埋もれた側溝を水が流れてくる。

my2-6.jpg
この枯草に埋もれた側溝の奥をズームで撮影。
コンクリート整備された崖の穴から水が出ているようだ。

my2-7.jpg
写真:下流→上流
中原街道からはずれ、右に曲がった坂道の方に上流がある。

my2-8.jpg
写真:下流→上流
坂道にある側溝に水の流れがある。
写真左の奥には源流地の証ともいえる竹藪の群れがみえる。

my2-9.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区南山田町3806の辺り。
坂道を側溝が横切っている。ここから先は民家敷地のようで
源流は確認できなかったが、この辺りの崖地からの湧水が
集まる事で流れを形成しているのだろう。

早渕川の支流(横浜市都筑区南山田付近からの支流 1)

2014年 あけましておめでとうございます。
今年も皆様よろしくお願いいたします。

横浜市都筑区南山田の辺りを歩いていたら
民家の壁面から湧水のようなものが側溝に落とされていて、
それが雨水幹線を通り、早渕川に合流しているのを発見。
その湧水を上流に辿ったら、
かつては天然の小川があったと思われる暗渠をみつけた。
それを探索した次第である。
複数の源流があって、それが3方向から合流していたので
全3回の記事にまとめてみたいと思う。

minamiyamada1-6.jpg
横浜市都筑区南山田町4077の辺り。
民家の壁から湧水のようなものが出ている。
それが道路脇の側溝に落とされており、
側溝中には水の流れができている。側溝は上下流にある。

minamiyamada1-5.jpg
写真:下流→上流
写真右側のがその道路脇の側溝。
単なる側溝ではなくて舗装の色が変わっており、
「極めて細くて長い暗渠」と呼んでも良いものかもしれない。

minamiyamada1-4.jpg
この側溝の水は、下流で雨水幹線に落とされる。

nakachu4.jpg
写真:下流→上流
以前記事にまとめた「徳生公園からの雨水幹線」に合流する。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-166.html
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-151.html

nakachu6.jpg
横浜市都筑区早渕3-43の辺り。
そして、この水門で早渕川に水が落とされている。

民家の壁の湧水まで戻り、今度は上流方向に行ってみる。

minamiyamada1-8.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区南山田町4096の辺り。
道路右側の細長い暗渠の上流は、北西の丘の方面にある。

minamiyamada1-10.jpg
横浜市都筑区南山田町4092の辺り。
側溝が開渠になっており、開渠部分で3つの流れが合流。
写真奥、写真左の斜めパイプ、その下にも四角い口がある。
まずは写真奥から合流する流れを本流として辿ってみる。
あと2つの流れも次回・次々回の記事にする予定。

minamiyamada1-11.jpg
写真:下流→上流
民家と畑の間に暗渠をみつけた。農業用水路の名残かも。
この暗渠にある側溝に水の流れがある。

minamiyamada1-12.jpg
鉄格子から除くと、水の流れを見ることができる。

minamiyamada1-13.jpg
写真:下流→上流
歩道となっている暗渠は北東に続いているのだが、
水の流れる側溝部分は壁の方に入っていく。

minamiyamada1-14.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区南山田町3811の辺り。
壁の向こうには中原街道がある。
写真中央の鉄格子が上流となる。ここは丘の際地である。

minamiyamada1-15.jpg
写真:下流→上流
小さな谷地にある鉄格子の左右から水が流れてきている。
まずは鉄格子の右側から来る流れを探索する。

minamiyamada1-16.jpg
写真:下流→上流
中原街道脇の側溝に水の流れがある。

minamiyamada1-17.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区南山田町3814の辺り。
水は民家と民家の間にある緑で覆われた側溝から
流れてきているようだ。この先は山田神社のある丘の崖だ。
どうやらその崖地が源流で湧水がここに流れてくるようだ。

minamiyamada1-18.jpg
山田神社のある丘には、源流地によくある竹藪が群生。

minamiyamada1-19.jpg
写真:下流→上流
今度は鉄格子の左側から流れ込んでくる水を探索する。

minamiyamada1-20.jpg
鉄格子から20m程行った中原街道沿いにある民家の壁から
湧水が出ているようだ。ここも源流の1つのようである。

過去も何度か源流を探索すると中原街道にあたる事があった。
中原街道というのは湧水や源流地の宝庫である。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード