内川の支流?(大田区立梅田小学校横の支流)

大田区を流れている「内川」。
現在、開渠となっている下流域は事実上「細長い湾」であり、
川という感じの流れはない。また、中・上流域の暗渠部は
「下水道に転用」されており、川とは言い難い状態である。
だが、往時は川であり、その支流の跡を探索してみた。
実はこの大田区馬込近辺に大昔だが住んでいたことがあり、
当時から気になっていた開渠の水路である。

magome1.jpg
写真:下流→上流
大田区立梅田小学校のグラウンド横に細長い開渠がある。

magome2.jpg
開渠内にはわずかながらの水がある。

magome3.jpg
開渠は50mほどであり、上流端には水がなくて乾いている。

開渠の下流・上流には暗渠といえるものはない。
往時は内川の支流があったのだと思われるが、
何故か、この50mほどの開渠だけが生き残ったようだ。
もしかすると、梅田小学校グラウンドに降る雨を落とすための
排水溝として活用されるために生き残ったのかもしれない。

magome4.jpg
梅田小学校の壁には水が湧き出していて、苔も生えている。

magome5.jpg
鉄分を含んだ赤茶げた水のようで、真っ赤な水たまりもある。
この小学校のあたりは湧き水地帯のようだ。
スポンサーサイト

内川の支流(大田区大森西3丁目31の支流?)

東京都大田区を流れている「内川」。
元は北馬込辺りに水源があり、大田区内を流れる川だったが、
現在では上流・中流域は暗渠の下水道幹線に転用されており、
JR東海道本線よりも下流域だけが開渠となっている。

昭和20年代までは、六郷用水の一部や呑川から
農業用水として分流された流れが合流しており、
馬込からの流れと合わさって、半天然の河川を形成していた。

しかしながら、現在は通常時に北馬込から流れてくる水は無し
(大雨の際に、オーバーフローした未処理の下水が流される)。
六郷用水や呑川分流の合流も今はまったくなく(流れ跡がある)、
河口から開渠最上流部まで合流している支流はほとんどない。
パッと見たところではゼロである。
しかしながら、唯一といえる支流をみつけた!
だが、これを「支流」と呼んで良いのかは悩むところではある^^;

uchikawa-kakou.jpg
写真:内川を下流→上流
内川の河口付近にある水門(写真奥)。
ここから開渠最上流部まで両岸を歩き、合流口を探索してみるが
合流する流れはほとんどなく、暗渠からの流れも通常はない。
つまり、内川は「川」とは言うものの、潮の干満による海水が
ほとんどを占めている状態であり、事実上は「細長い湾」である。

uchikawa-gouryuu.jpg
京浜急行の鉄橋の辺り。ここに唯一ともいえる合流口をみつけた。
だが、御覧の通りに通常時に水は落ちていない。

uchikawa-annkyo1.jpg
写真:下流→上流
この合流口の上の道路にはマンホールが連続してある。
暗渠だと思われる。

uchikawa-annkyo2.jpg
写真:下流→上流
マンホールの連続は、南南東に80m程続いている。

uchikawa-annkyo3.jpg
写真:下流→上流
80m程先で国道15号線(第一京浜国道)にぶつかる。
ここから先に暗渠と思わしきものはみつからない。
だが、この変な形の歩道と車道の境付近が川跡なのだろうか?
写真右にある自動車の後ろには、コケ生したアスファルトがあって
川跡にある光景となっているが個人宅敷地内らしく撮影は控えた。

これが支流なのか?降雨時だけでも流れがあるのか?不明である。
だが、開渠部1.55kmに合流口はこの一か所しかなかった
(呑川などの川壁によくある小穴は、内川でも多数に開いているが、
全ての穴から水一滴たりとも落ちてはいなかった)。
正直言って「生きている川」とは言い難いものである。。。

uchikawa.jpg
写真:内川を下流→上流
国道15号線(第一京浜国道)付近の内川。
「生きている川」とは言い難いが、水は曝気装置やゴロタ石による
微生物養生効果で綺麗である。川底まで見通せる水の透明度で
立会川のような河口付近の滞留による白濁現象もほとんどない。
夏になるとハゼ釣りを楽しむ人も多く、「生きている川」ではないが、
「生きている水利広場」ではあると思う。人工的な水でも良いので、
何かしらの導水をして「川」としての復活をして欲しいものである。
また、下水のオーバーフローをなくすことも重要である。

プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード