山下川の源流

二ヶ領本川の支流である「山下川」は2キロほどの短い川。
それゆえに、もう源流までたどり着いた。それを記事にする。

yamasita1.jpg
川崎市多摩区菅馬場2-13-23の辺り。
ここから上流は、ほとんどが暗渠となっている。

yamasita2.jpg
写真:下流→上流
しばらくは、コンクリート舗装された歩道の暗渠となっている。

yamasita3.jpg
写真:下流→上流
自治体によって保存された森林がある丘沿いに流路がある。

yamasita4.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区菅馬場2-29-1の辺り。
歩道となっているコンクリート舗装の暗渠はここまでである。

yamasita5.jpg
写真:下流→上流
その上流は、この道路の下に暗渠があるようだ。

ymasita6.jpg
写真:下流→上流
道路下の暗渠は、バス通り沿いに出た。

yamasita7.jpg
写真:下流→上流
西菅団地入口交差点の近く。歩道と車道の間に暗渠がある。

yamasita8.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区寺尾台1-24-3の辺り。
コンクリート整備された崖地沿いにコンクリート蓋付き暗渠が
唐突に現れた。ここから上流は、再び裏通りにある。

yamasita9.jpg
写真:下流→上流
その上流は、金網のついた開渠となっている。

yamasita10.jpg
川底がコケのようなもので緑色になっている。
水量は多く、かなり速い流れとなっている。これは何かある。

yamasita11.jpg
写真:下流→上流
その上流は、再度の暗渠で、長めのコンクリート舗装である。

yamasita12.jpg
写真:下流→上流
暗渠は会社の敷地内に入っていく。

yamasita13.jpg
写真:下流→上流
民間会社の敷地内では、未舗装の暗渠となっているようだ。

yamasita16.jpg
写真:下流→上流
川崎市多摩区寺尾台1-21-10の辺り。
民間会社を抜けた先では、この道路下に暗渠があるようだ。

yamasita18.jpg
写真:下流→上流
寺尾台緑地の際辺りからはコンクリート蓋付きの暗渠となる。

yamasita19.jpg
写真:下流→上流
ところが1枚前の写真奥からは、暗渠から道路を挟んで右の
側溝が流路となっている。しかも側溝から水が溢れるほどの
大量の水が流れている。これはいったいなんだ?

yamasita20.jpg
川崎市多摩区寺尾台1-20-21の辺り。
この住所の側溝のところまで大量の水がある。
その謎を解明するために、側溝の蓋を数枚開けてみたところ、
大量の水が壁の向こうから吐き出されている(蓋は閉めた)。

yamasita21.jpg
壁の上には配管が見える。

yamasita22.jpg
配管のある施設を覗くと、「菅縦坑」と書かれている。
これは以前にも記事として取り上げたことがある
「JR武蔵野南線」の地下トンネルから汲み上げた湧水だろう。
これが山下川の実質上の源流である。
武蔵野南線の湧水は、下記を参照のこと。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-282.html

yamasita23.jpg
川崎市多摩区寺尾台1-19-30の辺り。
5枚前の写真にあるコンクリート蓋付きの暗渠は
この小さな谷の奥地まで続いている。だが、水の流れはない。
スポンサーサイト

山下川の支流(川崎市多摩区生田5-27の支流)

川崎市多摩区生田5-27にある会社(?)からの湧き水を
取り上げてみたいと思う。これは正確には支流ではない。

hurowakimizu1.jpg
これが会社(?)の一角。湧水と思われる水をバスタブ類に
溜めているようだ。なにかに利用をしているのか?
その溢れた水が山下川に落とされている。

hurowakimizu2.jpg
鉄分の多い水のようだ。

山下川の支流(土渕不動院からの支流)

川崎市多摩区生田5-28にある「土渕不動院」という寺の
裏手から流れてくる支流を探索してみた。

dobuchi1.jpg
土渕不動院の近くに合流口がある。水量は少な目。
川壁の下の方で、さらに形状も変わっている合流口である。

dobuchi2.jpg
写真:下流→上流
不動院の敷地内には、このようなコンクリートの施設がある。
どうやら、この下に暗渠があるようだ。

dobuchi3.jpg
写真:下流→上流
1枚前の写真の奥で、つきあった場所は開渠となっている。

dobuchi4.jpg
写真:下流→上流
コンクリートの高台の上に不動院がある。
その高台の周囲を取り囲むように流路がある。

dobuchi5.jpg
正式名称は「滝本山土渕不動院」というらしい。

dobuchi6.jpg
写真:下流→上流
高台の上にも極細い流路が続いている。

dobuchi7.jpg
お堂の裏手がコンクリート整備された崖地であり、
そこから湧水が複数出ていた。これが源流のようだ。
写真左下に流れていくのが1枚前の流路へと繋がっている。

dobuchi8.jpg
1枚前の写真右方向に流れていった水は、山下川に直接に
落とされている。何故、水を2つに分けているのだろう?

山下川の支流(生田配水池の丘からの支流)

川崎市多摩区生田5丁目にある「生田配水池」の丘からの
支流を探索してみた。この生田配水池の置かれている丘は、
夜景スポットとしての有名になりつつあるようだ。

ikutahaisui1.jpg
土渕不動院という寺院の近くにある橋の横に合流口がある。
水量は少な目。ここから源流を目指して遡ってみる。

ikutahaisui2.jpg
写真:下流→上流
側溝が流路となっているようだ。

ikutahaisui3.jpg
途中にも湧水が落とされている。

ikutahaisui4.jpg
写真:下流→上流
生田配水池は、探索した際に工事中のようで流路に鉄板で
蓋がされているところもある。重機が工事をしていた。

ikutahaisui5.jpg
写真:下流→上流
生田配水池の敷地の中に入ると、極細い開渠が流路である。

ikutahaisui6.jpg
写真:下流→上流
その上流は蓋がされており、堰のような施設がある。

ikutahaisui7.jpg
堰の中にも開渠があるが、水の流れはないようだ。
1枚前の写真の辺りが源流となっていると思われる。

ikutahaisui9.jpg
この支流が流れているのは、この長~い階段の麓である。
この丘の上には「生田配水池」があって、水道水を一時的に
ここに溜めているようだ。この丘が源流地であろう。

DSC_1910.jpg
丘の上に登ると配水池がある。
池の表面は、太陽光パネルに覆われているようだ。

DSC_1909.jpg
生田配水池太陽光発電所という表示がある。

山下川の支流(生田東高校横の支流)

生田東高校の横を流れて、山下川に落とされる短い支流を
記事にしてみた。この支流の場所は切通なのだろう。

ikutahigasikoou1.jpg
生田東高校近くの山下川に合流口がある。丸扉の口である。
水量は少な目だが、常に落とされているようだ。

ikutahigasikou2.jpg
合流口すぐ上の側溝を覗くと、
鉄分の含まれた水が流れていることがわかる。

ikutahigasikou3.jpg
写真:下流→上流
写真右の壁は生田東高校の敷地。この坂道にある太めの
側溝が流路であり、写真奥の電柱の辺りの側溝内に
湧水がある。それが源流となっているようだ。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード