浄念寺川からの分流?(横浜市都筑区池辺町3054からの流れ)

前回、前々回の記事にした江川の支流・浄念寺川。
浄念寺川が「池辺町小川アメニティー」と呼ばれる辺りから
分流していたと思われる流れを探索してみた。
今現在は浄念寺川とのつながりはないようであるが、
湧水が健在で水の流れを見ることができる。

jyounenn-ka1.jpg
写真:上流→下流
横浜市都筑区池辺町3054の辺り。
浄念寺川から分流するように暗渠がある。
だが、隙間から暗渠の中を覗くも、水は流れていないようだ。
ここから東方向に支流を下ってみる。

jyounenn-ka2.jpg
写真:下流→上流
細い暗渠を抜けた所。ここからは歩道下に暗渠があるようだ。

jyounenn-ka3.jpg
写真:上流→下流
コンクリート蓋付きの暗渠が歩道となっている。
この流れは丘を下った際に流路があるため、
写真中央の辺りからは湧水による水の流れが発生している。

jyounenn-ka8.jpg
これが暗渠内を流れる水。

jyounenn-ka5.jpg
丘の方からは湧水が細い流路をつくって流れ込んできている。

jyounenn-ka6.jpg
この「新坂」という坂の側溝からは多くの湧水が流入している。

jyounenn-ka7.jpg
新坂にある民家の壁下方からも水がたくさん湧出している。

jyounenn-ka9.jpg
写真:上流→下流
ここには自然の川が流れていたのだと思われる。
流路が曲がりくねっているのがわかる。
もしかして、こちらが浄念寺川本流だった時代もあるのか?

jyounenn-ka10.jpg
写真:上流→下流
アスファルト舗装の暗渠となっている場所もある。

jyounenn-ka11.jpg
この小支流の水量は豊富である。

jyounenn-ka12.jpg
写真:上流→下流
緑産業道路の岩崎橋交差点付近。
この植え込み脇の路地が暗渠だと思われる。

jyounenn-ka14.jpg
しかしながら、この交差点付近で雨水幹線に水は落とされて、
鶴見川に流されているようだ。マンホール周囲にチョークで
雨水幹線の次のマンホールが示されている。

jyounenn-ka13.jpg
以前はこの路地が流路であり、
この先で江川に合流していたと思われる。

この浄念寺川は、農業用水争奪の紆余曲折が江戸時代から
戦前までおこなわれていたようである。流路の変更も何度か
実施されたようで、そのうち記事にする大熊川の支流に
影響を与えたようだ。
スポンサーサイト

浄念寺川の支流(横浜市都筑区池辺町2939の支流)

前回記事にした江川の支流・浄念寺川。
その浄念寺川のもう1つの源流といえるような支流がある。

jyounenn-shiryuu1.jpg
写真:上流→下流
横浜市都筑区池辺町2939の辺り。
写真奥に浄念寺川への合流口がある。
川を覆っている金網がゴミに埋もれているが、
川の流れは健在である。しかしこのゴミどうにかならんかね。

jyounenn-shiryuu2.jpg
写真:下流→上流
1枚前の写真から振り向いた所。太目の開渠の流れがある。
ここから源流を目指して遡ってみる。

jyounenn-shiryuu3.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町1947の辺り。
太目の流路は、コンクリート蓋付きの暗渠となっている。
この辺りから上流は北西方面にあり、
浄念寺川の本流とは70~80m離れて平行に流れがある。

jyounenn-shiryuu5.jpg
写真:下流→上流
中原街道の星谷交差点を越えた所。
このアスファルトの歩道下に暗渠がある。

jyounenn-shiryuu6.jpg
星谷交差点は「星谷」というだけに「谷間」であり、
複数の小さな支流がこの暗渠に水を落としている。

jyounenn-shiryuu7.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町1730の辺り。
ここから再び開渠となっている。

jyounenn-shiryuu8.jpg
写真:下流→上流
竹藪から湧水が流入している。

jyounenn-shiryuu9.jpg
開渠の上流端を上から撮影したところ。
複数の湧水が流入している。

jyounenn-shiryuu10.jpg
開渠の上流端付近にあった表示板には、
現在地(開渠上流端)から先も開渠があるように描かれている。
おそらく、数年前までは開渠があったのだろう。
これを参考にして、源流を探してみる。

jyounenn-shiryuu11.jpg
写真:下流→上流
大通りになっている道路の写真右端に流路があったのか(?)
暗渠らしきものは見当たらない。
歩道にある雨水のマンホールが暗渠かもしれないが、不明。

jyounenn-shiryuu12.jpg
写真:下流→上流
タンタタウンという集合住宅横の道路は流路の如き形である。
地図と照らし合わせても間違いはなさそうだ。

jyounenn-shiryuu13.jpg
道路脇の側溝には湧水と思われる流れを見ることができる。

jyounenn-shiryuu14.jpg
写真:下流→上流
写真中央付近の側溝蓋には複数の方向から湧水と思わしき
流れが集まってきている。これは源流の1つだと思われる。

jyounenn-shiryuu15.jpg
このタンタタウンの中には雨水貯留池があるようだ。
雨水だけでなく、地形からいって湧水も溜めると思われる。
これも源流の1つだろう。

jyounenn-shiryuu17.jpg
タンタタウンの中には池もある。
この池が湧水由来なのか否かはわからなかったが、
この集合住宅自体が谷地に作られており、池は窪地にある。

余談だが、「タンタタウン」という名前をはじめて聞いたとき、
「ダウンタウン」と「タンタンタヌキのき◎たまは~」が
頭に浮かんでしまった。意外とそういう人は多いのでは^^
さらに余談だが、拙者は「♪たんたんたぬきのき◎たまは~
風もないのにぶ~らぶら それを見ていた子だぬきも~
ついでにつられてぶ~らぶら」と覚えているのだが、
これには様々なバージョンがあるらしい。

浄念寺川(横浜市の江川の支流)

横浜市の江川の支流であり、重要な水源でもある浄念寺川。
上流の方は浄念寺川と呼ばれていないようで、名称不明だが
(「池辺町小川アメニティー」と呼ばれている所もある)、
全体を浄念寺川と仮定して源流まで探索してみた。

egawa-3.jpg
神奈川県横浜市都筑区池辺町3564の辺り。
歩道にマンホールがたくさんあり、
ここで江川と浄念寺川が合流している。
以前は写真左に行き、江川を探索した。
今回は写真の右側に行って、浄念寺川を源流まで探索する。

jyounenn1.jpg
写真:下流→上流
マンホールが蓋付きの暗渠のように歩道上に並んでいる。
ここから北方向に向かって遡ってみる。

jyounenn2.jpg
写真:下流→上流
歩道横にせせらぎがつくられている。

jyounenn3.jpg
せせらぎは人工的な細い水路であるため
降雨などでの増水時には側溝にオーバーフローした水を逃し、
側溝からは雨水幹線を通って、鶴見川まで流れていくようだ。

jyounenn4.jpg
写真:下流→上流
近くにあった説明板を読むと、昔は自然の小川が同じ場所に
流れていたそうである。それを復興したとのこと。

jyounenn5.jpg
浄念寺近くに、ここが「浄念寺川せせらぎ緑道」である事が
書かれている。江川との合流地点から180m歩いてきたが、
ようやく川の名前がわかった。

jyounenn6.jpg
写真:下流→上流
その上流は、細めのコンクリート蓋付きの暗渠となっている。

jyounenn7.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町3055-1の辺り。
ここから再び緑道がはじまっている。
この辺りからを「池辺町小川アメニティー」と呼んでいるようだ。

jyounenn8.jpg
写真:下流→上流
緑道の下に暗渠がある。

jyounenn9.jpg
写真:下流→上流
再びせせらぎがつくられている。
先ほどよりも自然の趣を活かしたつくりとなっているようだ。

jyounenn10.jpg
石組で流れをつくっている。

jyounenn11.jpg
川の際まで崖と竹藪が迫っており、湧水がそこからも流入。

jyounenn12.jpg
写真:下流→上流
人工的な滝と小型の水車が設置されている。

jyounenn13.jpg
写真:下流→上流
自然の雰囲気を出すためか(?)、曲がりくねりも少しある。

jyounenn14.jpg
川の際は崖地のため、湧水がこの辺りからも流入している。

jyounenn15.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町2876の辺り。
ここがせせらぎの上流端。
ここから上流は、コンクリート蓋付きの側溝となっている。

jyounenn16.jpg
写真:下流→上流
池辺保育園の辺りから上流は本格的な川がはじまっている。
この川の正式名称が調べてもわからないのだが
(「星谷方面からの川」「池辺町の川」と書かれている)、
「浄念寺川」の上流としておく。
水量は豊富で、通ってきたせせらぎとの整合性が見られない。

jyounenn17.jpg
前の写真の鉄格子になっている所を見ると、パイプがある。
どうやら、このパイプに吸い込まれた水はせせらぎに流れて
江川に合流しており、パイプには入らなかった過半数の水は
雨水幹線に落ちて、鶴見川まで流されていくようだ。

jyounenn18.jpg
写真:上流→下流
本格的な川になってからは山の中を流れているため、
迂回しながらの探索となる。倒木が川に落ちるのを防ぐため
金網がかぶせられている所が多い。

jyounenn19.jpg
写真:下流→上流
川は人工的な石組で整備されているが、
周辺はジャングルの様相を見せている。

jyounenn20.jpg
写真:下流→上流
中原街道を超えると、川はさらに細くなる。

jyounenn21.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町1652の辺り。
金網と崖地の間の細い空間に川が流れている。

jyounenn22.jpg
写真:下流→上流
金網も蓋もない側溝が続いている。

jyounenn23.jpg
写真:下流→上流
横浜市都筑区池辺町1614の辺り。
側溝はまだ続いているが、写真奥から先は水が流れてない。

jyounenn24.jpg
側溝を拡大して撮影。
写真ではわかりにくいが、側溝内の割れ目に湧水がある。
これが浄念寺川の源流である。

洪水を防ぐ観点からか(?)、上流の水の大半は活かされず
雨水幹線に落とされてしまうようだが、湧水由来の流れが
人工的な河川の江川にて活かされていることは喜ばしい。

江川の支流(横浜市,池辺町3674の支流)

江川の支流と言えるのは、浄念寺川だけであるが、
それ以外に小支流を1つみつけたので記事にまとめてみる。

egawa-shiryuu1-.jpg
横浜市都筑区池辺町3674の辺り。
北西から流れてきた小支流が、暗渠の江川に合流している。
僅かな水だが、湧水と予測してここから遡ってみる。

egawa-shiryuu2-.jpg
写真:下流→上流
近隣の家がパイプから雨水を落としているようだが、
通常時にも僅かながら水の流れがある。

egawa-shiryuu3-.jpg
神奈川県自動車整備振興会の裏の辺りから先には
暗渠も開渠も見当たらない。草に埋もれ明確に見えないが、
この辺りに湧水が直接出ているようである。
この場所は若干窪地のため、湧水があってもおかしくはない。
現在も生きている江川に流入する上流域唯一の湧水といえる。

江川(横浜市,鶴見川の支流)

同名の河川は隣りの川崎市にもあるために混乱しやすいが
(しかもどちらの川も緑道が整備されている)、
今回記事にするのは、「横浜市の江川」である。
川崎市の江川は以前記事にした事があるので参照ください。
http://vverrie.blog83.fc2.com/blog-entry-63.html

こちらの江川も元は農業用水路であり、それを緑道に改造し、
下水の再生水を流している。川崎の江川とこれは同じだ。
しかしながら、元は天然の河川だった部分もあるようで、
現在も湧水や支流からの合流があるところは違っている。
支流の「浄念寺川」に関しては別の記事にまとめる予定だ。

egawa-1.jpg
神奈川県横浜市都筑区東方町300-1の辺り。
エネオスのガソリンスタンドの近く。
ここから「本格的」に江川がはじまっている。
まずは、この場所から上流に向かって遡ってみることにする。

egawa-2.jpg
写真:下流→上流
大日本印刷横浜工場の南側にこのような植え込みがある。
この下に暗渠があるようだ。

egawa-3.jpg
神奈川県横浜市都筑区池辺町3564の辺り。
歩道上に複数のマンホールがあり、
ここが江川と浄念寺川の合流地点(浄念寺川の下流終端)。
今回はここを写真左側に行き、江川を遡ってみる。

egawa-4.jpg
写真:下流→上流
緑道の端にせせらぎがつくられている。
江川の本体は緑道の下にある暗渠になっている。

egawa-5.jpg
写真:下流→上流
細めのせせらぎとなっている所もある。

egawa-6.jpg
このせせらぎは江川本体からポンプアップされた一部の水が
滝状の施設から流されているようだ。

egawa-7.jpg
写真:下流→上流
その上流では、せせせらぎがなくなって暗渠の江川がある。

egawa-8.jpg
写真:下流→上流
さらに上流では、せせらぎが復活している。

egawa-9.jpg
写真:下流→上流
どうやらこの滝状の施設から再生水が流されているようだ。
事実上の江川の源流はここだといえるが、
緑道は続いているので、もう少し上流まで探索をしてみる。

egawa-10.jpg
写真:下流→上流
再生水を流している場所より上流は雨水幹線になっていて、
降雨時には水が流れているのだろう。

egawa-11.jpg
しかしながら、「河川」として横浜市に管理されている。
この辺りは、元は天然の川があったのだと思われる。

egawa-12.jpg
写真:下流→上流
若干曲がりくねった江川が住宅街の間にある。

egawa-13.jpg
写真:下流→上流
緑道の上流終端の先には、コンクリート蓋付き暗渠があるが、
通常時に水の流れはないようである。

egawa-14.jpg
このコンクリート蓋付きの暗渠の先から少し北に行った所に、
八所谷戸の交差点がある。
細かい暗渠らしきものが周囲にたくさんあって、
谷戸で支流が集まり、江川を形成していた時代もあるようだ。

egawa-15.jpg
このような暗渠が複数あり、一部に僅かな湧水もあるようだが
事実上の源流は再生水の吹き出し口だといえる。

一枚目の写真の場所に戻って、今度は下流に向かってみる。
地図で見るとゴールは鶴見川である。

egawa-16.jpg
写真:上流→下流
土手が整備されたまっすぐな江川が伸びている。
これは用水路として整備された頃の名残であろう。
畑・水田だった周囲は、山崎パンや東京エレクトロンなどの
大型の工場や、日本通運などの配送センターになっている。
そのため、現在の主な役割は「雨水」を流す水路のようだ。

egawa-17.jpg
写真:上流→下流
ほとんどの流路脇が親水できる緑道として整備されている。

egawa-18.jpg
鯉が泳いでいる。写真の細かい黒い点も
魚種は不明ながら魚である。小型の鯉かクチボソだろうか?

egawa-19.jpg
ニシキゴイもいる。誰かが放流したのだろうか?

egawa-20.jpg
写真:上流→下流
中州をつくり、花を栽培しているようだ。

egawa-21.jpg
数か所から僅かな湧水の流入はある。

egawa-22.jpg
写真:上流→下流
泥が堆積した自然の中州だろうか? 草が生えている。

egawa-23.jpg
写真:上流→下流
直線ばかりの流路ではなくて、若干の曲がりくねりはある。

egawa-24.jpg
写真:上流→下流
第三京浜国道の下をくぐる。

egawa-25.jpg
土手で丸まっているのはアヒル。

egawa-26.jpg
小型の白サギもいた。小魚を捕食しているのだと思われる。

egawa-27.jpg
写真:上流→下流
川向ポンプ場の横。
写真右の白いコンクリートと三か所の横に長い穴は、
江川が増水をした際に水をポンプ場内に逃がすための施設。

egawa-28.jpg
写真:上流→下流
水門があって、流れはトンネルに入る。

egawa-29.jpg
写真:下流→上流
水門の出口。この30mほど下流で大熊川と合流をする。
さらに、100mほど下流で鶴見川へと合流している。

今回記事として辿った江川は、ほとんどが下水処理場での
再生水が流れているように見えるが、
途中で合流している浄念寺川は湧水由来の自然河川で、
1枚目の写真辺りからの水の半分以上は湧水由来である。
また、江川上流にも僅かな湧水由来の小支流があり、
それを次回の記事でとりあげてみたいと思う。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード