江川の支流・・・ではなかった(神奈川県川崎市高津区子母口の支流 2)

前回記事にした支流の「さらに別の支流」を探索してみた。

egawa-shiryuu9.jpg
川崎市高津区千年594の辺り。
写真ではわかりにくいが、本流とは別の支流が合流をしている。
この支流を合流口から遡ってみる。

egawa-shiryuu-bunnryu1.jpg
写真:下流→上流
意外と太目のコンクリートの蓋付きの暗渠が南西方面に向かってある。
雨水落としと思われる鉄格子から覗くと水を見ることができる。

egawa-shiryuu-bunryuu2.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区千年625の辺り。
尻手黒川道にぶつかった。これより先に暗渠はないようで、
この場所から下流側に20mほど行った所から水が見える。
おそらく、川崎市高津区千年621の辺りに湧水があると推測できる。

わずか140mほどの支流だが、意外と水量がある。
尻手黒川道は台地を降りたところにあるため、湧水地帯と思われる。
その1つとしてこの支流の源流に湧き出してくるのだろう。

だが、前回の記事で書いたとおりに、この支流は江川には合流せずに
下水に落とされてしまうようだ。返す返すもったいない!
スポンサーサイト

江川の支流・・・ではなかった(神奈川県川崎市高津区子母口の支流 1)

前回記事としてまとめた鶴見川の支流・矢上川に合流する「江川」。
二ヶ領用水の一部が江川になっているだけに周辺には二ヶ領用水の
分流跡と思わしきコンクリート蓋付きの暗渠が多くみられる。
その多くは雨水用の下水道として転用されているようだが、
湧水由来の流れがあり、江川に合流していそうな支流を探索した。

egawa-shiryuu1.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区子母口466の辺り。
江川のすぐ近くから南西方向に暗渠がある。
コンクリート蓋付きの暗渠をここから遡ってみる。

egawa-shiryuu2.jpg
写真:下流→上流
簡易な鉄板の橋をかけただけの場所もある。
鉄板とコンクリートの隙間から暗渠内を覗くと流れを見ることができる。

egawa-shiryuu3.jpg
写真:下流→上流
大きな交差点を超え上流がある。写真奥の建物はマルエツ子母口店。

egawa-shiryuu4.jpg
写真:下流→上流
マルエツ子母口店横の歩道になっている暗渠。豊富な水が流れている。

egawa-shiryuu5.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区子母口364の辺り。
この交差点で直角に曲がっている。写真右側の北西方向に上流がある。

egawa-shiryuu6.jpg
写真:下流→上流
雨水落とし用と思われる鉄格子からは意外と豊富な水を見る事ができる。

egawa-shiryuu7.jpg
これが鉄格子の中。水の流れを見ることができる。

egawa-shiryuu8.jpg
写真:下流→上流
直線の歩道になっている暗渠が続いている。

egawa-shiryuu9.jpg
川崎市高津区千年594の辺り。
写真ではわかりにくいが、本流とは別の支流が右から合流をしている。
次回の記事でこの支流の支流に関してはとりあげてみたいと思う。

egawa-shiryuu10.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区千年607の辺り。
この辺りはコンクリート蓋からコンクリート整備された暗渠になっている。

egawa-shiryuu12.jpg
写真:下流→上流
中原街道を超えた先にもコンクリート整備の暗渠は続いているのだが、
鉄格子から覗いても水の流れがまったく見えなくなっている。

egawa-shiryuu13.jpg
写真:下流→上流
念のためさらに上流に行ってみると、
このような変わった形の暗渠をみつけたが、暗渠に水は見当たらない。
このコンクリートの暗渠は北西方向に第三京浜の辺りまで続いていた。

水の流れはどこへ行った? さしあたっては水を見ることができていた
川崎市高津区千年607の辺りに戻ってみる。

egawa-shiryuu11.jpg
写真:下流→上流
水が最後に見えた所の鉄格子をよく見てみると
右側にあるパイプから水が流れ込んできているのがわかった。
その上を見ると、民家の間に草に覆われた暗渠らしきものをみつけた。

egawa-shiryuu14.jpg
写真:下流→上流
南西方向に上流があるようで、民家の間にあるのは暗渠である。

egawa-shiryuu15.jpg
写真:下流→上流
横浜信用金庫千年支店の裏側に暗渠があるが、
暗渠上にあるコンクリートのマンホールを覗いた所、水が確認できない。

この奥は千年交差点の辺りである。
実は次回の記事でとりあげる「支流の支流の源流」がこの近くであり、
こちら側の暗渠も僅かながらの湧水はあると思われるが、
パイプからは出ていた水量と整合しない。別の源流があると推測できる。

egawa-shiryuu16.jpg
川崎市高津区千年641の辺り。
暗渠周辺のマンホールを丹念に覗いていくと、
この辺りのマンホールに湧水由来と思われる水を発見した。
合流場所はわからなかったが、
川崎市高津区千年613の辺りで暗渠に合流していると思われる。

egawa-shiryuu17.jpg
写真:下流→上流
川崎市千年638の辺り。
マンホールの先に暗渠をみつけた。上流はこの先にあると思われる。

egawa-shiryuu18.jpg
写真:下流→上流
左右を駐車場に挟まれた白線の中が暗渠のようである。
写真奥にあるのは、コンビニのポプラ市民プラザ通り店。
目が細かい鉄格子のため写真で撮影できなかったが、
ポプラの前にある鉄格子内には湧水が溜まっている。
ここから再び水を見ながらの上流探索となる。

egawa-shiryuu20.jpg
写真:下流→上流
ポプラ前の鉄格子になっている側溝。水の流れを見ることができる。

egawa-shiryuu21.jpg
写真:下流→上流
千年交差点からは西方向に上流があるようだ。

egawa-shiryuu22.jpg
千年交差点から西方向に少し行った所。
中原街道沿いの歩道の脇に湧水が浸みだしている
コンクリートで整備された崖があった。この水も側溝に落とされていて
源流の1つになっている。道路に水草まで生えている豊富な水量だ。

egawa-shiryuu23.jpg
写真:下流→上流
川崎市高津区千年559の辺り。
道路脇の側溝に流れがある。高台へ向かう登り坂となっている。

egawa-shiryuu24.jpg
写真:下流→上流
自然石を橋としてかけている民家があった。

egawa-shiryuu25.jpg
自然石の端の隙間から水の流れを見ることができる。
だいぶ少なくなっているが流れつくるのに十分な水量である。

egawa-shiryuu27.jpg
写真:下流→上流
だいぶ高台の上の方に来た。側溝内には水が流れている。

egawa-shiryuu28.jpg
川崎市高津区千年306の辺り。
コンクリート整備された崖が一段上がる所にぶつかった。
ここから先に暗渠を辿ることはできないし、湧水がありそうな地形なので
ここがこの支流の源流だと断定した。民家の立ち並ぶ谷間になっている。

tachibana-take.jpg
この源流推定地の裏側には竹が生い茂った空き地がある。
この竹が源流を生み出しているのであろう。

tachibanakodainooka.jpg
この丘は、通称「たちばな古代の丘」と呼ばれている。
小高い丘には空き地や畑も多く、湧水を多く生み出しそうな丘になっている。

egawa.jpg
江川の写真。

全長0.9キロほどの支流だった。なかなかに探検心を煽られる流れだった。
だが、後で調べたところ、この支流は「江川には合流していない」ようだ。
川崎市高津区子母口466の辺りで下水に落とされてしまうらしい。
なんとももったいない限りである!

二ヶ領用水跡の流れから江川に合流していそうな水路は複数あるのだが、
川崎市によると、「江川の水質保持のために合流する流れはない」とのこと。

江川(川崎市,矢上川の支流)

神奈川県川崎市中原区と高津区の境辺りの流れて、
鶴見川の支流・矢上川に合流する「江川」という河川がある。
同名河川が横浜市にもあるが、二ヶ領用水の一部を人工の
「せせらぎ」として整備をしたものであり、自然河川ではない。
流れている水は等々力の水処理センターで高度処理された
下水の再生水であることは川崎市公式サイトに載っているが、
矢上川に水は落とされており、鶴見川の支流になる事から
探索をしてみようと思った次第である。

川崎市中原区井田1-35の辺りに
水門になっている矢上川への合流口がある。ここから遡る。

egawa1.jpg
写真:下流→上流
人工的に整備された川となっている。
金網の部分に吸いこまれた水が矢上川へと落とされている。

egawa2.jpg
写真:下流→上流
写真奥の尻手黒川道路の下をトンネルで潜っている。

egawa3.jpg
写真:下流→上流
尻手黒川道路の上流は自然河川風につくられている。

egawa4.jpg
写真:下流→上流
川の両岸は遊歩道になっているが、
素朴な木道が整備されていて散歩道になっている所もある。

egawa-taiyokou.jpg
川路は平地で高い建物など遮るモノがない。
太陽光発電パネルのついている街灯が多く整備されている。

egawa-karugamo.jpg
川面ではカルガモが群れをなしている。

egawa5.jpg
写真:下流→上流
ゴロタ石が整備されている辺りにはザリガニが住んでいる。
子供たちがザリガニ釣りをしていた。

egawa-jyoukasuiso.jpg
川崎市中原区下小田中5-6の辺り。
浄化水槽と書かれた設備がある。川底には鉄格子があり、
どのような方式か不明だが、江川の水を浄化しているようだ。

egawa-kabutomusi.jpg
遊歩道にあった「カブトムシ時計」。オスの角部分らしい。

egawa7.jpg
写真:下流→上流
中原街道を越えた上流。木道が川の上にも整備されている。

egawa8.jpg
写真:下流→上流
上流端近くになると、だいぶ川幅が狭くなっている。

egawa-gennryuu.jpg
川崎市中原区下新城3-2の辺り。
ここが上流端。水の湧き出し口がある。

egawa-paipu.jpg
このパイプで等々力水処理センターから導水されてくるようだ。

江川の周辺には二ヶ領用水から分流された用水路の一部と
推測される暗渠がたくさん見られた。そのほとんどは雨水を
流すための下水道として使われているようだ。
プロフィール

YKK

Author:YKK
東京や神奈川の川や暗渠を歩くことに楽しみを感じ、ネットで「川探索」を趣味としている諸先輩方のサイトを見て参考にし、2010年頃から歩き始めました。実際に歩いてみると、違った面も多く見えてくるもの。拙者なりの視点でまとめてみたいと思ったものを記事していきます。東京23区南部在住なので、その近隣もしくは川崎市・横浜市がほとんどとなります。ちなみに「山はなくても川はある」というのは、長野県上田市の市民祭り「上田わっしょい」の歌の冒頭「♪山があるから川がある」のパロディーです。23区に山といえる山はないですが、川はたくさんあります。ちなみに、上田市出身者に仲の良い人はいますが、拙者個人は上田市とは縁がないです^^; 拙者の特徴を書きますと、平熱なのに体温が37度近くもあります。ゆえに、寝るときはノーパン(ノーパン健康法)で、冬でもTシャツが多いです。さらにはカレーばかり食べています。1週間食べないと体調が悪くなります(?)。動物だとアザラシに似ているらしい。でもって、自然を愛好しており脱原発派。でも、中道右派の保守系で、天皇陛下は男系しか認めない。川歩き以外の代表的な趣味はスノーボード・歴史探訪・城探索・悪ふざけ(?)・ボウリング・パークゴルフ(パークボール)・旅行。嫌煙者で、飲酒も年数回程度。ギャンブルも数年に一回程度。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード